PowerPoint - 国立障害者リハビリテーションセンター

download report

Transcript PowerPoint - 国立障害者リハビリテーションセンター

ケア会議におけるファシリテーション技術の応用
場のデザイン(共有)
場を作る ・ つなげる
目的、メンバー、目標
ルール、プロセス
チーム ・ プロセス設計
アイスブレイク
対人関係(意見の拡がり)
合意形成(決定と分担)
受け止め ・ 引き出す
まとめて ・ 分かち合う
傾聴と質問
非言語メッセージ
非攻撃的自己主張
意思決定手法
フィードバック
*メリット・デメリット
*実現性・収益性
*複数要因の整理
*優先順位
*全員合意
構造化(論点整理と収束)
かみ合わせ ・ 整理
*知識
*根拠
論理的コミュニケーション
ファシリテーショングラフィック
リ ・フレーミング
*ツりー型、*サークル型
*フロー型、*マトリクス型
(堀公俊・野中猛を平岡一部改変)
ケア会議の準備と実施
メンバー選び
*メンバーは本人を含め7~8人位まで (本人の性格も考慮)
*直接かかわりのある人、かかわりの出来る人
*本人が希望する人 (希望しない人は避ける⇒ 関係者会議に参加)
会議場所
*本人の住まい
*本人の通う病院や施設
*福祉センター、支援センター等の公的場所
配布資料
*要点をまとめる
*本人が理解できる
*共通言語
*分かりやすい
*利用者プロフィール
*主訴 と 背景
*アセスメント資料 (支援経過、生活状況等)
*ケア計画表
*その他
ケア会議の目的と内容
目的
1、生活の見立てと手立て
2、利用者の参加と主体性
3、他領域の知識を得る
4、研修機能
5、チームワーク
6、地域課題の発見
*モニタリング
*(再)アセスメント
*支援計画と実施
内容
*情報の交換
*感情の交流
*発想の交換
*課題の確認
*当面の方針決定
*役割分担
ケア会議の進め方(事例検討を含む)
私の流儀
資料の準備・事前配布
ケア会議の評価
プロセス
会議目的、時間確認(90分までを目安)
自己紹介、(参加機関の紹介)
プレゼンテーション(情報の提供)
アセスメント・モニタリング(情報交換)
プランニング(課題の整理と支援計画)
マネジメント(役割分担と確認)
チームワーク(感想・交流・ねぎらい)
*準備(呼びかけ・資料等)
*当事者の参加と主体性
*生活の多面的な理解
*支援計画の具体化
*連携方法の具体化
*ネットワーク形成
参加者の満足度
*必要な情報の共有
*連携の具体化
*支援原則の共有
*地域課題の発見
*ケア会議技術の習得
(参考 野中、上原 日本福祉大学社会福祉論集)
ケア会議の促進と参加
司会の機能
会議の促進役
参加メンバーの参画態度
異職種交流
会議の主人公
1、人の話を聴く
*場の雰囲気作り
全員の話しに注目、相づち、メモ
目標との関連付け、組み合わせ
*参加者への気配り
*全員参加の機会
2、分かりやすく話す
*発言内容の確認
大きめの声、明瞭な言葉使い
対象の明確化、表情、視覚的道具
*発言の交通整理
*議論の方向性修正
3、積極的に参加する
*目標の計画化
情報の積極的な提供、理由と根拠
相手の感情や知識を読む
*まとめ
4、目標達成に努力する
*時間管理
進行の流れを読む、進行を助ける
無駄な論争を避ける、解決策を支持
チームワーク
(参考 千名貴志、高橋誠、野中猛)
会議の終わり方 と 記録・報告
私の流儀
課題の整理
1、資料のまとめ
*逐語録方式
*テーマ別まとめ方式
ケア計画の概要確認
会議終了後
2、ケア計画表の整理
参加者の役割
残された課題の確認
記録の配布と会議の報告
次回開催の目安
感謝・ねぎらい
*本人による確認
*メンバーが発言内容の確認
*ポイントの要約、役割確認
*感謝のコメント
相談支援と地域自立支援協議会イメージ
地域福祉計画
ケ個
ア人
マを
ネ意
ジ識
メし
ンた
ト
私
個別訪問
総合相談窓口
障害者福祉計画
活動支援
生活支援
就労支援
*受付、
専門相談機関
施策検討○○審議会
⇒ 議会等
アドバイザー
*アセスメント
アドバイザー
*ニーズ整理
事務局連絡会議
*ケア計画作成
*成功事例の集約
*困難事例の集約
*支援状況把握と課題整理
*地域ニーズ整理と確認
*協議会運営事務局
*モニタリング
個別ケース会議
*ケア計画検検討
県
自
立
支
援
協
議
会
地域自立支援協議会
*生活支援の把握
*相談事業の評価
*地域生活の理念作り
*地域作りの評価
*支援の工夫
*連絡調整
*課題確認
解決出来ない
課題
地域の
困り事
本人、キーパーソン
支援関係者、行政
ケアマネージャー、他
専門部会
専門部会
定例会
*成功事例の報告
*継続・新規相談報告
*困難事例の検討
*サービス利用検証
*社会資源検討
地域を意識した
ケアマネジメント
ま と め
•
•
•
•
ケス会議を活用して困難ケースの支援を
ケア会議を通してチームワークを
一つひとつの事例から地域のネットワークを
事例を通して地域の課題を明確に
• ケア会議は自立支援協議会のエンジン
• 事務局会議は自立支援協議会の羅針盤