8 - 海洋生物環境学分野

download report

Transcript 8 - 海洋生物環境学分野

2006.1.13 Fri 基礎情報処理演習
吉田昌泰
新山貴俊
佐藤 充
琵琶湖とは?
• 面積670.33 km² (滋賀
県の1/6)
• 最大水深103.58m
• 南湖と北湖に分かれ、
水質・水流が異なる
• 流れ出る水は瀬田川→
宇治川→淀川を流れ、
大阪湾へ
• 京都の水道水として琵
琶湖疎水から取水
• 高度成長期に水質汚
濁、富栄養化
外来生物とは?
• 人間の活動によって国外から入ってきた生物
(invasive alien species)
• 日本では約2000種確認(野生)
ex.アライグマ・セアカゴケグモ・
カミツキガメ
• 琵琶湖には約40種生息(平成13年現在)
外来生物の影響
•
•
•
•
在来種との生き残り競争
在来種との交配による雑種の発生
農林水産業への被害
人間への害
琵琶湖に侵入した
外来生物の
具体例
オオクチバス
• 科
名サンフィッシュ
• 標準和名オオクチバス(ブ
ラックバス)
• 学
名Micropterus
salmoides
• 北アメリカ原産
• 小動物であればほとん
どの生物を捕食する
ブルーギル
• 科
名サンフィッシュ
• 標準和名ブルーギル
• 学
名Lepomis
macrochirus
• 北米原産。
• 著しい偏りのある雑食
性。好奇心が強く、異
質なものに惹かれる傾
向がある。
ピラニア
• 科
名ナラシン科
• 標準和名ピラニアナッテ
リー
• 学
名Serrasalmus
nattereri
• 南米原産
• 鋭い歯で知られるが、
性質は極端に臆病
スポッテッドガー
• 科
名レピソステウス
• 標準和名スポッテッドガー
• 学
名Lepisosteus
oculatus
• 北米原産
• 口先が長く歯が鋭く、
見た目はワニに似てい
る
カミツキガメ
• 科
名カミツキガメ科
• 標準和名カミツキガメ
• 学
名Chelydra
serpentina
• 北米南部~南米北部
• 粗暴な性格であり、空
腹時にはかなり凶暴 。
ガメラのモデルとかな
んとか
外来生物問題にどう対処するか?
予防の段階の対策が最重要
•輸入(移動)の規制
•管理の充実
•教育・啓蒙
侵入初期段階での対策
•早期発見
•監視(モニタリング)
侵入後の対策
•根絶・抑制
•環境回復
①予防段階の対策
輸入(移動)の規制
外国為替および外国貿易法
植物防疫法
家畜伝染病予防法
感染症予防法
狂犬病予防法
外来生物法 2005.6.1施行
管理の充実
届出制、許可制、個体識別マーキング
教育・啓蒙
生物多様性の重要さ
②侵入初期段階での対策
早期発見
監視(モニタリング)
海港・空港・主要果樹等生産地域における侵入警戒調査
昆虫類にはフェロモントラップを利用
違法放流の監視
地道な監視(モニタリング)が
現在のところ、もっとも有効な手段か・・・
③侵入後の対策
侵入後の対策は非常に困難!!
捕獲による根絶・抑制
科学的知見と多大な労力が必要不可欠
科学的な知見なしには、かえって状況を悪化させる場合も!
一度に大量に捕獲することがもっとも有効!
多数の人々の協力、また資金面での協力も必要←人々の問題に対する理解が重要
環境回復
外来種が侵入・定着した原因が環境そのものにある場合
環境を回復することによって、在来種が復活することもある。
琵琶湖における取り組み
• 外来魚の捕獲・駆除
外来魚回収制度
地元漁協による大量捕
獲
一般参加のつり大会
買い上げ制度
• 外来植物(藻など)の刈
り取り
• 稚魚放流計画の見直し
• 継続的なモニタリング
5.6
5.4
5
H1 .8
5.1
H1 0
5.1
2
H1
6.2
H1
6.4
H1
6.6
H1
6.8
H1
6.1
H1 0
6.1
2
H1
7.2
H1
7.4
H1
7.6
H1
H1
H1
回収量 (㎏)
外来魚回収施設回収量
3000.0
2500.0
2000.0
1500.0
1000.0
500.0
0.0
滋賀県琵琶湖環境部 県政e新聞より作成
回収量 前年同月比
4.0
前年同月比
3.0
2.0
1.0
0.0
.4 6.5 6.6 6.7 6.8 6.9 .10 .11 .12 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 7.6
6
H1 H1 H1 H1 H1 H1 H16 H16 H16 H1 H1 H1 H1 H1 H1
滋賀県琵琶湖環境部 県政e新聞より作成
終