環境への取り組み ~事務所・研究所~

download report

Transcript 環境への取り組み ~事務所・研究所~

環境への取り組み
~事務所・研究所~
・最近の環境関連の動向
・オフィス・研究所の低炭素社会へ向けた取り組み
・まだまだあるエコオフィス活動
・エコオフィス活動から業務に直結したテーマへ
・品質・安全と一体化したマネジメントシステムへ
大阪環境カウンセラー協会 副理事長
EA21地域事務局大阪 元判定委員長
中小企業診断士 宇田 吉明
1
講師略歴
明治製菓株式会社で技術部門に従事
(食料生産部次長/大阪工場工務環境室長・環境管理責任者)
摂南大学で非常勤講師(地球・環境資源論)
JACO、OISCでEMS審査活動
大阪環境カウンセラー協会(副理事長/事業部門長)
エコアクション21地域事務局大阪(普及委員長/運営委員)
大阪市なにわエコ会議(副会長/環境に配慮した企業部会長)
環境省 環境カウンセラー
経済産業省 エネルギー管理士
大阪府 地球温暖化防止活動推進員
省エネルギーセンター 省エネ普及指導員
著書
2000年
2004年
2006年
2008年
2008年
2
2004年~
経済社会を取り巻く5つの問題
③加速する地球温暖化
②枯渇するエネルギー資源
最大で6.4℃上昇
資源採掘可能年数
石油
50年
天然ガス 60年
ウラン
70年
石炭
200年
二酸化炭素の増加
森林の減少
異常気象
陸地の乾燥化
海面の上昇
生物種の減少
⑤食糧不足
④深刻化する
干ばつと水不足
エネルギーの
需要増大
原油価格上昇
①増加する世界人口と経済
中国、インドで1/3以上
穀物、食肉の
需要増大
2000 年60億人
2050年 90億人
穀倉地帯の水不足や干ばつ・洪水が頻発
3
地球温暖化問題相関図
地球温暖化
二酸化炭素の増大
化石資源の枯渇
海水温度の上昇
海水面の上昇
二酸化炭素吸収量の減少
メタンハイドレードの噴出
耕作面積の減少
× 植物資源
への転換
永久凍土の融解
太陽熱吸収の増大
メタンガスの噴出
氷河の減少
降雪の減少
陸地の乾燥
適正耕作地の減少
水不足
異常気象の増大
エタノール
バイオジーゼル燃料(BDF)
ハリケーン、サイクロン、台風
洪水、長雨、水不足、日照り
高温障害、低温障害
害虫の異常発生、生態系の変化
森林の減少
二酸化炭素吸収源の減少
経済成長
食糧の不足
灌漑用水の減少
雪解水の減少
原油は今世紀中に枯渇
灌漑用地下水の枯渇
自然循環の速度を超える汲上げ
消
費
の
増
大
生活の向上による資源・
エネルギー消費の増大
食肉の需要増大に伴う
家畜用飼料需要の増大
資
源
・
エ
ネ
ル
ギ
ー
消
費
の
増
大
人口の増大
4
毎年8千万人増加
脱温暖化社会にむけた最近の動向
IPCC (気候変動に関する政府間パネル)第4次評価報告
1. 洪水、暴風雨、雪氷融解など世界中で見られる現象を、人間活動による
二酸化炭素など温室効果ガス増加に起因する温暖化と明確に位置づけ
た。
2. 過去100年間の平均気温は0.74℃上昇し、0.6℃とした第3次報告書に比
べ温暖化が加速していることを示し、緊急課題として取り組む必要性を指
摘した。
3. 今後の100年で最大6.4℃上昇(これまでは5.8℃)と警告した。
国内外の動向
1.
ハイリゲンダム・サミットで“温室効果ガスを「2050年までに少なくとも半
減する」ことを真剣に検討する”との宣言文が採択された。
2.
産業革命以降の気温上昇を+2℃以内に抑えるコンセンサスが形成され
つつある
3.
COP15に向けた二酸化炭素削減中期目標の論議が活発化
4.
日本の中期目標は1990年度比△8%? 25%?
5
二酸化炭素半減の根拠
バランスさせるには
57%削減が必要
(化石燃料)
人為排出量
年264億トン
京都議定書で先進国は5%
削減(1990年比)
(危険なレベル)
?年+2.0℃
現在+0.74℃
基準15℃
(産業革命前)
500ppm
380ppm
280ppm
今後:2050年までに半減
大気蓄積量 27,500億トン
自然吸収量(生物、海洋)
年114億トン
出典:IPCC4時評価報告 をベースに作成
6
プラス2℃
•海水の二酸化炭素吸収能力の低下
•永久凍土の溶解によるメタンガスの噴出
•深海のメタンハイドレードの噴出
•北極の氷床の溶解による海洋循環の低下
・
・
・
7
ポスト京都議定書 日本の中期目標
億トンCO2
14
13
1359
1371
1340
2005年度比
△15%
1261
1990年度比
12
1155
民
案
11
10
△8%
自 △25%
1990
2005
(Base Year) (Base Year)
2006
2007
2020
民
主
案
8
EUの考え方
~英国スターン報告が基調に~
○英国政府がニコラス・スターン元世界銀行上級副
総裁に作成を依頼した気候変動問題の経済影響に
関する報告書。2006年10月に公表された。
○対策を講じなかった場合のリスクと費用の総額は現
在及び将来のGDPの5%強に達し、より広範囲のリス
クや影響を考慮に入れれば、損失額は少なくともGDP
の20%に達する可能性がある。
○温室効果ガスの排出量を削減するなどの対策を講じ
た場合の費用は世界の年間GDPの1%程度で済む可
9
能性がある。
ベネツィアの高潮による冠水対策
500億円を投資して防波堤を
設置する計画(モーゼ計画)
10
異常気象の発生量
被害が増大
米国ではリスク対策として、地球温暖化防止対策の動き
11
日本の温暖化による被害の推測
12
日本の持続可能な
社会に向けた統合的な取組
気候変動とエネルギー・資源
温室効果ガス排出量
の大幅削減
低炭素社会
持続可能な社会
地球生態系と共生して、
持続的に成長・発展する
経済社会の実現
3Rを通じた資源循環
循環型社会
生態系と環境負荷
気候変動と生態系
自然共生社会
自然の恵みの享受と継承
持続可能な社会に向けて、各社会の実現を目指す取組を統合的
に展開し、自然との共生を図りながら、人間社会における炭素も含
めた物質循環を自 然、そして地球の大きな循環に沿う形で健全
なものとし、持続的に成長・ 展する社会の実現を図る
国民はエコライフを
事業者はEA21を活
用した取り組みを 13
持続可能な経済社会に向けた3つの取り組み
(
課
題
)
(
目
的
)
(
目
標
)
(
活
動
計
画
)
化石資源は底が
見えてきた
生物、子孫への
影響の深刻化
異常気象激化、
食料不足
資源の枯渇
生物への影響
地球温暖化
<循環型社会> <安心安全社会> <低炭素型社会>
•3R社会の構築
•地下資源から生物
資源へ
•影響物質の削減
•耐気候変動性食物の
開発
•温室効果ガスの削減
•吸収源の確保(森林、
海洋他)
•省資源、3Rの推進
•代替資源開発(生
物資源)
•代替物質開発
•品種改良
•省エネ、新エネ、森
林保全
•代替物質開発(フロ
ン他)
14
環境経営が求められる構図
消費者の目と企業の動向~経済社会のグリーン化~
【消費者の目】
【商品・サービス】
安心・安全で環境負荷
が少ないものを選択
【企業】
環境保全に取り組んで
いる企業を選択
【大企業の動向】
【中小企業の動向】
省エネ設計、省資源化
(軽量化・、簡易包装・
再生資材の利用等)、
グ
リ
ー
ン
購
入
有害物質の非使用
、製品情報の開示
ISO14001 認 証 取 得 、
グリーン調達の実施、
LCA(製品の生涯の影
響評価をする)の実施
、一層の環境情報公
開
グ
リ
ー
ン
調
達
材料の変更( 有 害物質の
転換、リサイクル資源の活
用)、設計の変更(小型・軽
量化、分別容易化)
マネジメントシステムの導入
(ISO・EA21認証取得)
資材の環境情報開示、
環境報告書、(環境会計)
利害関係者にPR
お客様、お取引先、銀行、周辺住民、役所など
15
CO2削減義務化条例が成立
東京都環境確保条例改正
大規模事業所に二酸化炭素の排出削減を義務
排出量取引制度も取り入れ、国に先駆けた全国初の
「キャップ・アンド・トレード」方式が導入される
義務化は10年度からで、対象は年間のエネルギー
使用量が原油換算で1500キロリットル以上の工場や
オフィスなど
05~07年度の各事業所の平均排出量から、20年度
までに15~20%削減することを目安に、専門家の検
討会で具体的な削減率を決める
16
CO2「見える化」戦略会議設置
食品、水道、交通なども対象
□経済産業省
大手スーパーやメーカーとともに具体的な商品での試作
□農林水産省
農産物や木材製品など
□環境省
店頭に並ぶ商品ばかりでなく、上下水道などの公共サービ
スや、航空機、鉄道、バスなどの公共交通機関による移動、
宅配便の利用、ホテル宿泊、イベント開催など様々なサービ
スについても対象とする
17
CO2見える化
~カーボンフットプリント~
350ml
缶ビール
161g
トマト
ジュース
189g
ポテト
チップス
232g
18
事務所・研究所の二酸化炭素削減
空調の省エネ
19
空調の省エネ対策
~エアコンの電力≒熱負荷+ロス~
全負荷運転
天井・屋根 8%
窓 46%
壁 21%
熱負荷・ロス
隙間 15%
床 10%
20
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
100
窓の冷暖房ロス対策
57
~二重ガラスの効果~
複層ガラスでロスが約1/2
42
25
単層ガラス
複層ガラス
高断熱複層ガラス
真空ガラスでロスが 1/4
真空ガラス
外側にコールドスプレーを吹きつけた実験
25.4℃
二重真空ガラス
10.8℃
単層ガラス
21
手作りで窓ガラスを二重に
エアマットによる断熱方法
透明板のマグネッ
トによる取付
マグネット
シート
アクリル板
透明ガラスに貼り付け
取付け方
①雑巾か霧吹きでガラスを濡らす
②エアマットを貼って手で押さえる
結露の防止にもなる
22
日よけは外側に
太陽
太陽
100%
100%
18%
外側にブラインド
51%
内側にブラインド
約1/3に
緑のカーテン、すだれも効果がある
23
さつまいもによる屋上緑化
特別な防水施工なしで
屋上緑化を実現
大型の植木鉢で栽培
水遣りは雨水を利用を
NTT都市開発
の資料より
24
屋上散水による遮熱対策
~雨水の有効利用~
散水
雨水槽
トイレ用
P
手作りの雨水タンク
(材料費約2000円)
洗車
水遣り
使っていない浄化槽の活用も
25
太陽熱の利用
~太陽熱利用の給湯設備~
200L 定価21万円
280L 定価44万円
26
屋上塗装による遮熱施工
太陽熱高反射塗料
赤外線領域の吸収の少
ない塗料の選択使用で
屋根の熱吸収量を低減
一般塗料
遮熱塗装による効果
27
蒸発潜熱を利用しよう
~打ち水の原理を利用した冷風機~
原理
(外気温ー数度)
圧縮機がないためCOP値
はエアコンの4~5倍
(電気代は1/4~1/5)
28
換気ロスの低減
~熱交換型換気扇の採用~
29
省エネポイント 空調編(1)
項
目
内
容
窓からの直射防止
直射が当たらないようにブラインドやカーテンを取り付ける
遮断フィルムを張り付ける
二重ガラスの採用
窓ガラスや扉のガラスは二重、三重ガラスを採用する
建物・設備の断熱施
工
熱ロスを防止するため天井、壁、床下など断熱施工を行う
屋根の塗装には熱線遮断塗料を採用する、設備からの熱
ロス防止
屋根の輻射熱軽減
余剰冷却水の散水により蒸発潜熱で表面温度を下げる
換気の熱ロス防止
熱交換型換気扇を採用する
外気の導入
中間期など外気で空調できる場合は外気の導入を行う
場合によってフィルター装置を使う
体感温度を下げる工 扇風機との併用で冷房温度を上げる(風速1mで約1℃体
夫
感温度が下がる)
適正温度に管理
冷やし過ぎ、暖房し過ぎを防止するために管理温度およ
び管理担当者を決める
30
(通産省の奨励温度:冷房=28℃以上 暖房=20℃以下)
省エネポイント 空調編(2)
項
目
デマンドコントロール
によるピークカット
内
容
短時間の停止により稼働時間を短縮
水の潜熱利用型空調 水の潜熱を利用した冷風装置を採用する
タイマーによる自動停 夜間、休日等の消し忘れを防止するためにウィークリー
止の組込
タイマーを組み込む
ゾーニングによる適
正な空調
ゾーン毎の管理温度を決め、きめ細かな温度設定を行う
間仕切により管理温度を一段緩くする
レイアウトの見直しに
よる空調の効率化
全体空調から局所空調にするため空調が必要な設備、
原料などを集中化する
空調容積の縮小
天井を下げる
間仕切で空調対象空間を小さくする
空調設備のメンテナ
ンス実施
凝縮器のスケールを定期的に掃除する
除塵フィルターを定期的に掃除する
31
照明の省エネ
32
照明を効率的に使う
~白熱灯を蛍光灯にしよう~
円
4
ヶ
月
で
回
収
3年で12,700円
の差
ヶ月
100W相
当の照明
白熱灯
電球型
蛍光灯
ランプ代
電気代
(円)
(円/時間)
160
1,500
寿命
(時間)
0.25 1,000
白熱灯
電球型蛍光灯
消費電力
100W
22w
1日 1ヶ月
0.8
20
20
500
0.2
4
4
110
1年
240
6,000
53
1,320
単位
kWh
円
kWh
円
0.05 6,000 100W1個で年間4500円節約33
蛍光灯からLED照明へ
LEDの消費電力
蛍光灯の1/4
電球の1/16
34
照明の省エネ
~高さを低くしよう~
照度は距離の二乗に半比例
4m→3mで照度が2倍に
1/2にして4倍に
机
35
照明の省エネ
~不要箇所の消灯しよう~
25円/KW 40W2灯器具 8時間/日 25日/月 1年間
25×(0.036×2)×25×12=4,320円
キャノピースイッチで個別消灯
キャノピースイッチ
300円/個
36
事業所の省エネポイント 照明編(1)
方
法
リフォームのポイント
白熱灯から蛍光灯に変更
白熱灯を蛍光灯に変更する(約70%省エネ)
照明器具の位置の変更
照度は距離の二乗に反比例するので位置を下げる
照明器具の清掃
球、反射器具などの汚れを清掃する( 1年-2年も清掃
しないと明るさが20%から40% ダウン)
自然採光の取り入れ
天窓や高窓など自然採光を行う(この場合熱線カットや
断熱の配慮を行う)
太陽光直射
100,000lx
うす曇り
30,000~70,000lx
日
10,000~20,000lx
陰
適正照度に変更
明る過ぎるところはワット数を落とすか間引く
高効率型蛍光灯の採用
従来型の蛍光灯をHf型に変更する(20%省エネ)
水銀灯をメタルハライド型に
メタルハライド型で変更で約50%の省エネ
デイライトスイッチの取付
明るくなると消灯する自動点灯スイッチを取り付け、消
し忘れを防止する
部屋を明るい色に変更
天井や壁を明るい色に変更する
(反射率:白ペンキ=70% コンクリート=30%)
37
事業所の省エネポイント 照明編(2)
方
法
キャノピースイッチの取付
リフォームのポイント
蛍光灯を個々に消灯できるようにスイッチを取付
自動照度調整付照明器具の 自然採光で明るい場合は自動的に照度を落とす
採用
回路付照明器具を使う
照明器具の反射傘取付
30%から40%器具数削減、30%照度アップ
自動検知式照明器具の採用 人センサー、明るさセンサー付き照明器具を使う
タイマーによる自動消灯
消し忘れ防止のためにタイマーなどを組み込む
レイアウトの見直による局所
照度の採用
全体照明から局所照明にするためテーブルや机
など配置を変更する(残業時、休日出勤時)
ソーラー照明の採用
屋外などバッテリーを内蔵した太陽熱発電式照明
器具を使う
ゾーニングによる無駄な点灯 必要な場所だけを点灯できるように区画を分けた
防止
スイッチ回路にする
スイッチに区画を表示し無駄な照明をつけない
38
残業、休出時は1箇所で仕事をする
省エネ性能の高い製品の採用
39
省エネ性能のよい製品の選び方
http://www.eccj.or.jp/catalog/
最近は、家電販売店にも置いてあります
40
トップランナーを選ぶ
待機電力ゼロの洗濯機
41
カタログの見方
エアコン 12.5kWhクラス
順位は毎年
入れ替わっ
ている
どっちが得か?
省エネ達成率
年間電気代
本体価格
100%の製品
26,250円
127%の製品
19,670円
83,000円
107,000円
年間95kg-CO2削減
42
LCAで省エネ効果を考えよう
~エアコンへの買い替え効果~
(LCA:ライフ サイクル アセスメント)
1991年製品を
20年間使用し
た場合
6年間使用に
よる排出量
14年間使用による排出量
最新型へ
製造
リサイクル時
1991年製品を14
年間使用し、05
年に新製品に換
え、6年間使用
した場合
6年間使用に
製造 よる排出量
約15%
削減
14年間使用による排出量
CO2削減の実現
0
2
4
CO2排出量
6
8
10
(トン-CO2)
12
14
待機電力・消費電力を調べる
ホワイトボード
空気清浄機
テプラ
ノートパソコン(非使用時)
ミネラル水サーバー
給湯機
レーザープリンタ
飲料自動販売機
デスクトップパソコン(使用時)
プロジェクタ(使用時)
1日
1ヶ月
8円
240円
6円
180円
3円
90円
3円
90円
30円
900円
20円
600円
3円
90円
360円
10,800
5円/1時間
5円/1時間
1年
2,880円
2,160円
1,080円
1,080円
10,800円
72,000円
1,080円
129,600円
待
機
電
力
待機電力は購入時期や機種によって異なります
最近の機器は待機電力が小さくなっています
44
自動車燃料の二酸化炭素削減
45
自動車燃料の削減
~環境性能の高い車選び~
燃費の性能
排出ガスの性能
選ぶだけ
で燃費を
20%向上
できる
46
自動車の燃料削減
~自動車の二酸化炭素削減策~
<エコドライブ・エコ整備>
アイドリングストップ、定速運転の心がけ
エンジン洗浄、空気圧の適正化、低粘度オイル
<環境性能のよいものを採用>
平成22年度基準を達成のトップランナー車種を採用
エコドライブ
インジケーター
47
自動車の燃料削減
~自動車の二酸化炭素削減策~
<カーボンニュートラルの活用>
E3ガソリン(エタノール3%配合ガソリン)使用→△3%
BDF(バイオジーゼル燃料)使用→△100%
<駆動部の効率のよいものに>
電気自動車の採用→△30~△50%
ガソリン車からジーゼル車へ→△20%
48
紙資源を大切に
<Reduce>
~紙資源の3R~
帳票類を見直す(本当に必要かどうか?)
1枚ベスト運動→ポイントをA4 1枚にまとめる
配布を省略→webで閲覧
業務改善
(環境目標・環境
活動の対象)
ミスコピーをしない→プレビューで確認する
両面印刷/縮小印刷
<Reuce>
不要紙の裏面利用→ルール作り(個人情報、表面×印等)
<Recycle>
分別回収・リサイクル(ごみ箱の廃止)
49
オフィスで分別・リサイクルの推進
上段:コピー用紙
中断:その他の紙
下段:まとめられない紙
個人のごみ箱の廃止
紙は全て分別回収
個人で持込んだごみは持ち帰り
可燃ごみはフロアに1箇所のみ
再資源置き場
50
オフィスでの3S活動
~整理・整頓・清掃でムダをなくす~
■整理 不要なものを捨てる(片付ける)
■整頓 すぐに使える状態にしておく
■清掃 日頃から清掃し、整理・整頓を維持する
仕事そのものを見直す(業務改善)→改善提案制度
業務の
できるだけ共有→スペース・資源の節約
効率化
定位置化・みえる化→探す時間の節約
間接部門の環境目標に!
工具類
机の引出
事務器具類
51
中央研究所の業務に直結した環境活動
開発期間の短縮(開発までに消費する電力等の削減)
製法の改善(工程短縮、収率改善、設備改善による歩
留向上など)
製品の包装形態の見直し(簡易包装、生分解性樹脂の
採用、配送・積載効率を考慮など)
より生態系への影響が少ない原材料の使用
資材調達先への環境配慮要請(グリーン調達)
品質・労働安全などのマネジメントシステムと一体化し
た取組が必要に
52
環境活動のヒント集の活用
~EA21環境への取組の自己チェックリスト~
環境への取組の自己チェック(抜粋イメージ)
関連
有無
1)日常業務の管理に当たっての配慮
取組状況
A(3,2,1)
取組状況
B(2,1,0)
評価点
(A×B)
0
0
○
○
空調の適温化(冷房28度程度、暖房20度程度)を徹
底している
3
空調を必要な区域・時間に限定して行っている
2
0
0
空調・冷却設備の保守点検をこまめに行っている
2
1
2
エレベーターの適正使用を徹底している
1
1
1
照明の適正化、昼光の利用、スイッチの適正管理を積
極的に行っている
3
2
6
取組
項目
○
どのように取り組めばよいかの情報が満載
http://www.ea21.jp で参照
53
二酸化炭素削減コンペに参加しよう
大阪市「なにわエコ会議」環境に配慮した企業部会では、市
域での取り組みの一環として、次のような取り組みを行って
います。
◇取組項目:電気、ガス、水道(その内、把握できるもの)
◇対象期間:7月~12月(この内3ヶ月間)
◇表彰・事例発表会:2010年3月3日午後
◇詳細:「なにわエコ会議」 で検索
54
従業員を巻き込んだ環境活動
エコライフへの取り組みをアンケートでポイント化
55
「21世紀環境立国戦略」で国民に呼びかけ
2007年6月1日閣議決定
~戦略7 環境を感じ、考え、行動する人づくり~
② 国民による取組の展開
(国民運動の全国的な展開と世界への発信)
省エネ製品への買い換え、エコドライブ、レジ袋に代わるマイ
バッグ利用など「もったいない」精神を広める3R の取組、環境
に配慮した住まいづくり、里地里山体験など日本独自の取組
の全国展開によりライフスタイルの変革を促し、その成果を
世界に発信する。
例えば「エコポイント」の取組などのように、企業等の協力
を得つつ、省エネ、ゴミゼロ・3R、緑づくり等の国民一人
ひとりの行動に応える取組の普及を目指す
56
家庭でできる環境活動
~めざせ1人1日1kgCO2削減~
環境性能のよい製品を選ぶ
マイバッグ、マイ箸、マイカップ、マイ水筒運動で資源を大切に
フードマイレージを意識して買い物
エアコンを効率的に
照明の省エネ
環境家計簿をつけて、エコライフにチャレンジしよう
57
いつもマイバッグを
1枚で61gの二酸化炭素削減(製造と焼却)
一人当たり年間360枚 → 22kg-CO2/年
(省エネルギーセンターHPより)
58
59
フードマイレージ
アスパラガス 1本
国産と輸入品で
二酸化炭素排出量の差は?
60
アスパラガス 1本
オーストラリア産 7,728km 3.41poco
日本 長野県産
167km 0.01poco
差
3.40poco
1poco=100g
340g-CO2
61