元サラゴサ国際博覧会 日本政府代表

download report

Transcript 元サラゴサ国際博覧会 日本政府代表

2015年 ミラノ国際博覧会について
2012年11月
経 済 産 業 省
農 林 水 産 省
1
Ⅰ 国際博覧会について
2
1.国際博覧会とは
■国際博覧会とは何か
○国際博覧会条約(BIE条約 (※))に基づき開催
される博覧会を国際博覧会という。
※ Bureau International des Expositionsの略
事務局はパリ
○5年ごとに行われる大規模の登録博(2005年 愛知、2010年
上海)と、登録博の間に一回開催できる相対的に小規模の
認定博(2008年 サラゴサ、2012年 麗水)がある。
■国際博覧会の意義
○20世紀には「開発型」「国威発揚型」の万博が隆盛を極めた
が、条約改正を経て、21世紀は「人類共通の課題の解決策
を提示する理念提唱型」の万博に変容を遂げている。
3
2.国際博覧会の歴史
■国際博覧会の歴史
○1851年(嘉永4年)にロンドンで開催されたのが最初の国際
博覧会である。
○我が国の参加は、1867年にパリで開催された万博に徳川幕
府の他、薩摩と佐賀両藩が「ニッポン」を代表するものとして
参加したのが最初である。
■我が国が開催した国際博覧会
○我が国では、1970年の大阪万博、1975年の沖縄(海洋博)、
1985年のつくば(科学博)、2005年の愛知(愛・地球博)など
を開催している。
4
3.国際博覧会の現状
■最近の万博の入場者数等
○愛知(2005年) 22,050千人、サラゴサ博(2008年) 5,651千人、
上海(2010年) 73,084千人、麗水(2012年) 8,203千人
※ 大阪万博(1970年)の入場者数は64,219千人
■2017年国際博覧会の開催国
○2017年(認定博)はカザフスタン(アスタナ)での開催が予定され
ている。
■2020年国際博覧会のエントリー国
○2020年(登録博)には、ブラジル(サンパウロ)、ロシア(エカテ
リンブルグ)、タイ(アユタヤ)、トルコ(イズミル)、UAE(ドバイ)
の5ヶ国がエントリーしている。
5
4.国際博覧会出展等の意義
■国際博覧会への支持、参加・出展の意義
①日本の国際イメージの改善、プレゼンス向上の機会
②日本の先端技術や伝統文化等の発信、日本ブランドのPR
③日本の企業、産品進出のきっかけ
④これまでの我が国主催の万博に参加した国との互恵関係
⑤開催国や参加国との良好な外交関係の構築
など
6
Ⅱ ミラノ国際博覧会の概要
7
1.イタリア及びミラノ市の概要
■イタリア共和国の概要
○人 口
6,004万人 (2009年)
○首 都
ローマ (人口 272万人 (2009年))
○言 語
イタリア語
○元 首
ジョルジョ・ナポリターノ大統領
○首 相
マリオ・モンティ
○議会制度 二院制
出所 Google マップ
■ロンバルディア州ミラノ市の概要
○人 口
130万人
○産 業
化学、繊維、航空機、自動車、ガラス、皮革等
○市 長
ジュリアーノ・ピザピーア
○イベント
ミラノサローネ(4月)、国際貿易フェア(4月)、
ミラノコレクション(夏・冬年2回)
○名 所
ドゥオモ、スカラ座、最後の晩餐
8
2.2015年ミラノ博の概要
■2015年ミラノ博の概要
○開催地
イタリア共和国ミラノ市郊外
○会 期
○性 格
マルペンサ
国際空港
2015年5月1日~10月31日
(184日間)
ミラノ博開催
予定地
国際博覧会条約(BIE条約)に
基づく登録博覧会
○会場面積
110 ha
リナーテ
国際空港
ドゥオモ
出所 Google マップ
○想定入場者数
約2,000万人
○想定参加国等 140ヶ国
(2012年10月現在、104ヶ国・2国際機関が参加表明)
9
3.ミラノ博のテーマ
地球に食料を、生命にエネルギーを
10
4.ミラノ博のサブテーマ
■問題意識
Is it possible to ensure sufficient, good, healthy, suitable and sustainable
food for all?
世界中の人々に、十分に安全で、健康的、適切、持続的な食料を保証
することは可能か?
■サブテーマ
1.Science and technology for food safety, security and quality
(食料の安全、保全、品質のための科学技術)
2.Science and technology for agriculture and biodiversity
(農業と生物多様性のための科学技術)
3.Innovation in the agro-food supply chain (農業食物サプライチェーンの革新)
4.Dietary education (食育)
5.Food for better lifestyles (より良い生活様式のための食)
6.Food and culture (食と文化)
7.Cooperation and development on food (食の協力と開発)
11
5.ミラノ国際博覧会開催予定地
○ミラノ中心部から鉄道で25
~30分程度
○西入口側に3路線の鉄道
駅を設置
○新規の地下鉄2路線(M4、
M5)を建設中うちM4はリ
ナーテ空港に接続
東入口
西入口
VIP・スタッフ入口
○既存の高速鉄道は延長す
るとともに、マルペンサ国際
空港との接続を強化
○東入口側にバスターミナル、
タクシー乗降場を設置
12
6.ミラノ国際博覧会の会場計画
Italy Exhibition Spaces
Palazzo Italia
パラッツォイタリア
○Palazzo Italia
は、 Cardoの北
の端に位置して
おり、参加国と
代表団を歓迎し、
公式式典を行う
場である
レイクアリーナ
Cardo
Decumanus
○湖からの大通り(Cardo)
に沿って4棟からなるItaly
Exhibition Spacesでは、
博覧会のテーマを表現し、
イタリアの食と持続可能性
のすばらしさで魅了する
地中海の丘
Expo Centre
エクスポセンター
Open Air Theatre
ピアッツァイタリア
オープンエアシアター
○Open Air Theatre は、約9,000人を収
容できる屋外イベン トスペース
○Expo Centreには1,500席の講堂、
会議室等がある
13
Ⅲ 日本館出展の準備状況
14
1.日本館出展の政策目的
■日本館出展の政策目的
○日本食や日本の食文化、食器や調理器具等の関連産業を含め、
その魅力を国際社会に広く発信するとともに、クール・ジャパン戦略
との連携を図り、食を絡めた「ジャパンブランド」の確立を目指す。
○日本食材の品質の高さや美味しさ、日本食の栄養バランスの良さ
や季節感の表現のすばらしさなどをPRし、輸出拡大や国内事業者
の海外展開のきっかけとする。
○地球人口の増大に伴う食料確保と貧困・飢餓の問題、肉食の拡大
と穀物需要の増大、食の安全・安心の確保、食料廃棄や肥満の問
題、水資源の枯渇や気候変動の問題など、世界的な食料や農業の
問題に対する我が国の貢献のあり方等を提示する。
○日本の食材を活用したレストランを併設し、欧州他各国からの
来館者に、日本の食文化の素晴らしさを体感してもらう。
15
2.日本館の出展準備
■日本政府公式参加の表明
○ミラノ博への参加については、平成24年3月27日の閣議了解
により、農林水産省、経済産業省を幹事省、国土交通省を副
幹事省とし、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)を
参加機関として公式参加する旨決定されている。
■今後のスケジュール
○今年度は、基本計画策定委員会を設置の上、農水省、経産省、
JETROの関係者及び民間有識者を交えて、「基本計画」の策定
を行う。
○来年度以降については、「実施設計」の作成、パビリオンの建
築等に着手する予定としている。
16
3.基本計画策定委員会
■日本館基本計画策定委員会 委員名簿
○秋岡 榮子
フリープロデューサー、有限会社E&Cブリッジズ 代表取締役、
元上海国際博覧会 産業館館長
○出雲 充
株式会社ユーグレナ 代表取締役社長
○犬養 裕美子 レストラン ジャーナリスト
○岩田 隆次
学校法人立命館東京キャンパス シニア・アドバイザー
○奥山 清行
工業デザイナー、株式会社 KEN OKUYAMA DESIGN 代表
○加藤 一隆
社団法人日本フードサービス協会 専務理事
○金井 健
全国農業協同組合中央会 農業対策部長
○小暮 真久
NPO法人 TABLE FOR TWO International 代表理事
○服部 幸應
学校法人服部学園 理事長
○彦坂 裕
建築家・環境デザイナー、株式会社スペースインキュベータ 代表取締役
愛知国際博覧会日本政府館クリエイティブ統括ディレクター、
上海国際博覧会日本館プロデューサー
○宮本 武史
一般社団法人日本鉄鋼連盟 常務理事、
元サラゴサ国際博覧会 日本政府代表
(五十音順、敬称略)
17
4.日本館出展のスケジュール
■ミラノ博参加の工程表(予定)
平成23年度
(2011年度)
平成24年度
(2012年度)
平成25年度
(2013年度)
平成27年度
(2015年度)
パビリオン建築
基礎調査
基本計画
平成26年度
(2014年度)
ミラノ博
開催
実施計画
解体
撤去
展示物制作
行催事、広報、
運営計画策定
2/24
参
加
招
請
10/25
7/28 ~27
関
係
省
庁
会
議
参
加
国
会
合
①
3/27
閣
議
了
解
協賛企業回り
10/10
~12
参
加
国
会
合
②
行催事、広報、運営の準備・実施
敷
地
覚
書
政
府
代
表
任
命
敷
地
正
式
調
印
参
加
国
会
合
③
18