ジェンダーの社会学: 女性であること/男性であること

download report

Transcript ジェンダーの社会学: 女性であること/男性であること

ジェンダーの社会学:女であること/男であること
ジェンダーへ当てはめる解釈、構築、社会規範
• キー コンセプト
• 性差・性別の相違
– 性差は、
解剖学的・大脳生理学的な差異を含む女・男の
特定
– 「ジェンダー」という性別は、
(大衆)文化・時代・社会的規範による女として
の判定・男としての判定
ジェンダーの社会学:女であること/男であること
ジェンダーへ当てはめる解釈、構築、社会規範
I. 外 見 に 判 定 さ れ る 人 の 性 別 ・ 外 見 に 人 の
しぐさを合わせる性別判定 ~
• 「受験願書,履歴書、クイズの応募はがきにも性
別欄が必ずあって」 p196
• 「外見はいろいろでも、『本当は』どちらかのは
ずと思う。」 p196
• 「顔つき,からだつき、しぐさや服装、言葉遣い
も、『結局は』どことなく『らしく』思える。」
p196
• 「たいていは発情の相手を間違えない。」
p196
ジェンダーの社会学:女であること/男であること
ジェンダーへ当てはめる解釈、構築、社会規範
II.外見でも、内側でも判定されない性別は何か?
• 生殖能力/機能による区分に基づく「第二次性徴
前の幼体や排卵サイクル停止後のメスは、不妊症
のメス/オスは、あるいは『枯れた』老人や使い
物にならなくなったオトウサンは...いったい
どちらに…分類される?」p197
• 「性別区分は生殖能力/機能区分と常に一致して
いるわけではない...解剖学的な相違でさえ
必ずしもあてにならない。」p197
ジェンダーの社会学:女であること/男であること
ジェンダーへ当てはめる解釈、構築、社会規範
III.
人の性別と性別の判定、分類
• 「私たちは、何よりもまず生物学的・身体的な存
在なのだから。ただ、それでも私たちが区別する、
自覚する、欲情する性差は,身体―個体レヴェル
のみで決定される問題ではない。私たちは,何は
ともあれ分類しているものだから。」p197
• 「『ちょっと変わった女/男』――どちらかにす
れば気がすむんだ。」p198
ジェンダーの社会学:女であること/男であること
ジェンダーへ当てはめる解釈、構築、社会規範
• IV. 文化の中の性別判定・
社会規範としての女/男のカテゴリー
「人物の外見を手がかりに、性差のカテゴリーの
内に透視している。」例:
「どちらにもとれる『ベビーX』を見て、男の子
と判断した人、女の子と判断した人はまったく
同じふるまいを、それぞれに『強さ』の表れ、
『優しさ』の表れだと語っていた。」
p198
ジェンダーの社会学:女であること/男であること
ジェンダーへ当てはめる解釈、構築、社会規範
IV. のつづき:文化の中の性別判定・
社会規範としての女/男のカテゴリー
• 「性差が内側からにじみでてくるのではない。
女・男のカテゴリー区分がまずもってあるわけ
だ。人は、その化身――事例――となってよう
やく生身の…人になる。
そうして初めて、それぞれにあるはずの性器
――文化的性器――の存在が自明視され、
あるはずの情緒・感覚・行動・の違い――
性差――が探される。」
p198
ジェンダーの社会学:女であること/男であること
ジェンダーへ当てはめる解釈、構築、社会規範
V. ジェンダー・アトリビュウション(性別判定)
• 「結果として既存のカテゴリーが強化=維持
され続けていく…この判別の過程を
ジェンダー・アトリビュウションという。」
p198
• 性別は自然に決まるとは必ずしも言えない:
「性別の判定は自然に決まるのではない…
いかなる情報も完全無欠なアトリビュウショ
ンを保証しはしない。」 p198
ジェンダーの社会学:女であること/男であること
ジェンダーへ当てはめる解釈、構築、社会規範
V. のつづき:
ジェンダー・アトリビュウション(性別判定)
• 「別の性を示す情報が飛び込んできたとしても
…既成の枠組みのなかで適合的に解釈される…
人をカテゴライズする核となる」 p198