マイクロインシュアランスv1

download report

Transcript マイクロインシュアランスv1

マイクロインシュアランスとは

<定義> 主に発展途上国の貧困層向けに特化された保険サービスのこと 通常の保険と同じく、保険料の対価として、人々のリスク(事故・病気・死亡・天災 etc)に 対応するものであるが、補償範囲・保険金・保険料を、貧困層の人々の必要な保障・収入 リスク度合いに適合/特化させている点が特徴 ・・・※1 【貧困層の定義】 ・・・※2 【通常の保険との違い】 通常の保険 •複雑な約款 •限定的な引受条件と標準の免責事項 •銀行引き落としによる定期的な保険料の収納 •保障期間は1年以上 •引受には医的審査あり •小額から高額の保険金設定あり •年齢や特定のリスクに基づいた保険料設定 •代理店やエージェント・ブローカーは販売のみを担当 一人当たり年間3,000ドル、一日8ドル 以下の所得で生活している人を指すこ とが多い。 世界人口の70%以上を占め、対象人口 は40億人以上、市場規模は日本の GDPに相当する5兆ドル ※1、3:出展 ※2:出展 •市場/顧客は保険の仕組みに慣れている ILO, Microinsurance Innovation Facility (2008 ※意訳 http://www.actuaries.org/MICROINSURANCE/Tallinn/Yang-Huerta.pdf

JETRO&国際金融公社(IFC)&世界資源研究所(WRI)「The next 4 billion」(2007 http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/Region/Asia/Radar/20100709.html

・・・※3 マイクロインシュアランス •シンプルで理解しやすい約款(識字率の問題) •広く遍く引受け, 免責事項は無いか、あっても僅か •現金払いやその他多様な保険料の収納 (口座を持っていないことが普通) •保障期間は4ヶ月程度から •引受には健康かどうかの告知がせいぜい (医療保険が不十分で診断書をとれない) •小額保険のみ •コミュニティーや社会単位で保険料を設定 •販売チャネルが顧客管理,保険料収納 保険金支払い まで担当 •市場/顧客は保険の仕組みに慣れていない

マイクロインシュアランス事業者

事業化へ向けての課題( ①顧客の保険知識の不足/教育レベル(識字率の低さ) ②保険料徴収(収納)方法の不在 ③規制の未整備 その他 ・販売チャネルの構築 TOP 3) ・市場のニーズに合致する定番商品の開発 ・取引コストの低減(薄利多売) IT を使ってどう解決するか(研究テーマ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ※出展 ILO, Microinsurance Innovation Facility (2008 ※意訳 http://www.actuaries.org/MICROINSURANCE/Tallinn/Yang-Huerta.pdf