理由の如何を問わず

download report

Transcript 理由の如何を問わず

レポート課題
• レポートの提出は [email protected] による。
• 提出期間を厳守する。
締切は2010年1月12日(火)
• 既に [email protected]に概要を掲示してある。
実際に課題に取組むのは、次回の授業の後の
冬休みの期間中でも十分に間に合う。ただし
今のうちに [email protected] の該当事項が読めるか
どうか早めに確認して欲しい。
※ 万一読めない場合→各自の履修登録を確認
教学支援課に相談
1
重要な注意(約束)
• もし複数人が同一内容の解答を提出した場合
には、理由の如何を問わず、該当者全員が
大幅な減点となります。
• 原典の丸写しをすると、意図せずに他人と全く
同一の解答になる可能性が高くなります。
文献を参照した場合でも、自分の文章で解答を
説明するようにしてください。
• なお書籍、参考文献、WEBページ等を参照して
解答を作成する場合には、解答の中で引用を
明記してください。
2
レポート課題1 基本問題:
課題1.
あるマシンまでのRTT (Round Trip Time)を測
定したところ 128msec(ミリ秒)であった。このマ
シンに対してウィンドウサイズ64KByteでTCPの
通信を行う場合のスループットの予想値を計算
せよ。
ヒント1:
授業中に説明したように、スループットの値は、ウィンドウサイズ
を往復遅延時間で割れば良い。Byteとbitの換算に注意する。計算を簡単に
するために1024≒1000として計算して良い(もちろん、この概算を使わなくて
も良い)。スループットは、どのような単位で表すのが適切か、授業の内容を
復習するとともに、次の問題2を参照してみよう。
3
レポート課題2 応用問題:
課題2.海外のあるマシンまでのRTTを測定した
ところ128msecであった。このマシンまでのス
ループットを iperfというツールを用いて反復し
て測定したところ、その平均値は約1Mbpsと
なった。
この結果について A, B, Cの三人が見解を述
べている。諸君はA, B, Cの意見のうちで今回
の実測の結果に一番関係のある意見は誰の
意見であると思うか。また、その理由を述べよ。
4
実測の結果
bin/iperf.exe -c 133.9.0.0 -P 1 -i 1 -p 5001 -f k -t 10 -T 1
-----------------------------------------------------------ある実測値です。ただし講義資料として
Client connecting to 133.9.0.0, TCP port 5001
公開するためにIPアドレスを改変して掲
TCP window size: 8.00 KByte (default)
載しています。
-----------------------------------------------------------[1912] local 211.111.0.0 port 3001 connected with 133.9.197.88 port 5001
[ ID] Interval
Transfer Bandwidth
[1912] 0.0- 1.0 sec 88.0 KBytes 721 Kbits/sec
[1912] 1.0- 2.0 sec 128 KBytes 1049 Kbits/sec
[1912] 2.0- 3.0 sec 104 KBytes 852 Kbits/sec
[1912] 3.0- 4.0 sec 112 KBytes 918 Kbits/sec
[1912] 4.0- 5.0 sec 128 KBytes 1049 Kbits/sec
この平均値は厳密には1Mbpsとは
[1912] 5.0- 6.0 sec 112 KBytes 918 Kbits/sec
なりませんが、問題の記述を簡単に
[1912] 6.0- 7.0 sec 112 KBytes 918 Kbits/sec
するために問題文中では1Mbpsと
[1912] 7.0- 8.0 sec 128 KBytes 1049 Kbits/sec
書いています。
[1912] 8.0- 9.0 sec 112 KBytes 918 Kbits/sec
またRTTの値も厳密には128msec
[1912] 9.0-10.0 sec 128 KBytes 1049 Kbits/sec
ではありませんが、計算を簡単にす
[1912] 0.0-10.2 sec 1160 KBytes 931 Kbits/sec
るために129msecとして問題を作り
Done.
ました。
5
課題2(続)
• Aの見解: TCPのスループットは送信したデータ量を単
純に所要時間で割り算しても得られない。それはTCP
のスロースタート(テキストのpp.214~216)のために
ウィンドウサイズが小さくなるからだ。
• Bの見解: iperfのような測定ツールであればスロース
タートを意識している。すなわち十分に大きなサイズの
データを送信すれば測定時間が十分に長くなり、スロー
スタートの影響が小さくなる。
• Cの見解: RTTが128msec, ウィンドウサイズが8KByte
とすると、スループットの予想値は約 0.5Mbpsとなる。
実測の結果は予想値の2倍である。これは iperfが実際
に使用したウィンドウサイズが表示されているdefaultの
2倍であった為と推測される。
6