ダウンロード - R-CAP for teens

download report

Transcript ダウンロード - R-CAP for teens

R‐CAP ワークシート&指導プラン 例

標準ワークシート 3種 「① 自己理解」 「② 職業研究」 「③ 学問研究」 □ 目的に合わせて各項目の理解を促進するための標準的なワークシート 連続した授業(複数コマ)などで、 自己理解・職業理解・学問理解を それぞれじっくり行うためのワーク シートです。 目的に応じて、選択または組み合 わせてご利用ください。 【自己理解ワークシート】 自分の8つのパーソナリティタイプ の自己認知と診断結果を比較す ることで気付きを促します。 【職業研究ワークシート】 診断結果をもとに興味のある職業 などをリストアップし、うち3つの職 業をカタログで調べることで職業 の理解を促します。 【学問研究ワークシート】 診断結果をもとに興味のある学問 をリストアップし、うち3つの学問を カタログで調べることで学問の理 解を促します。 <自己理解> (各25~40分) <職業理解+やりがいワード> ④ 結果振返り ワークシート □ 1コマで全体を理解させるための簡易で 総合的なワークシートです。(45分程度) 自己理解・職業理解・学問理解の主な項目につい て、簡潔にひと通りを記入することで、それぞれの 理解を促し、気づきを引き出すワークシートです。 比較的手軽に「全体像を把握させたい」場面でご 利用ください。 ※A3またはB4に拡大してご利用ください。 <学問理解+文理傾向> 「結果報告書の見方」 リーフレット □ 授業時間が確保できずワークシートでの実施が困難な場合 は「結果の見方」リーフレットで代替えください。 4Pの「結果報告書の見方」リーフレットを標準 でセットしています。生徒自身が項目に合わせ 読み解くことで、自ら理解を深めることが可能で す。返却時に先生から簡単な解説を加えて頂く とさらに効果的です。 〔Let’s Try〕欄に書き出すことで、さらに気付き や自分の特徴を理解できるよう工夫しています。

typeS

<全体をまとめて振返り>

( R‐CAP ワークシート&指導プラン 例 )

⑤ 社会に出るまでに鍛えたいチカラ ワークシート □ 社会人基礎力やキャリアの適応力を早くから意識させたい typeSオリジナル項目の「エンプ ロイアビリティ」「アダプタビリ ティ」の強み・弱みを理解し、高 校生活の時点から意識し伸ばし ていくことを促します。 具体的な行動や意識する項目は、 付属の「結果報告書の見方」を 参照していただきます。 進学情報誌の活用 R‐CAPは、 (株)リクルートマーケ ティングパートナー ズ発行の進学情報 誌との連動性を教科 しています。 組合わせて利用する ことで、より具体的な 進路研究が可能で す。 文理・科目選択応援 BOOK 高校の進路スケジュールと文理・科目選択の関係を 先輩体験談も取り入れて紹介します。 また、現役大学教授が78学問のポイントを説明します。 R-CAP学問ワークシートとの併用 も可能です。 ⑥ 文理科目選択 ワークシート □ 文理・科目選択に活用したい 文理・科目選択を、苦手教科を避ける消極的な理由で行わないよう に促すため、「将来の職業を意識させる」「自分には文系的・理系的 どちらの適性もある」ことを気づいてもらうことを目的としています。 ⑦ 面談準備 ワークシート □ 面談に活用したい 「やりたいことが分からない」「将来のことを考えていない」などの場 合、話が広がらず有意義な面談になりにくいことがあります。 面談前に自分の興味や気持ちを簡単に整理できるワークを済ませ ておくことで、スムーズな面談をサポートします。 ⑧ 志望校チェック ワークシート (2・3年用) □ 1年次だけでなく、2・3年次でも有効に使いたい 1年次に研究したことを再確認し、当時との違いや変化を整理しま す。その時点で考えていた志望校について、志望校決定までのプ ロセスは十分かどうかを確認することで、その後の具体的行動を 促すワークです。 グループワーク 自己理解・他者理解は、生徒同士でグループワークを行い、体験的 に理解した方が、より深い気づきを得られるケースがあります。 スムーズなグループワークの運営ができるような授業プランもご用意 しています。(詳しくは教師用指導マニュアルをご覧ください) ワークの例 生徒はそれぞれ、文化祭の役割として、8つのうち1つを選ばなければなりませ ん。8つの役割は、R-CAPの8つのタイプと関係があります。役割を書いた紙を 教室の壁・机などに貼り、やってみたい役割の場所に各生徒に移動してもらいま す。そこで、集まった生徒同士で、「なぜ選んだのか」「どんなことができそうか」 をR-CAPの結果も交えながら話をすることで、自己理解・他者理解が体験的に 学べます。 P:文化祭の準備を計画し、必要な備品の購入とチェックをする。 D:成功させるための企画を立て。メンバーの役割を考え仕切る。 W:地域・環境・歴史など社会問題に関する展示やイベントを担当する。 S:出店でお客さんに販売したり、迷っている人に道案内をする。 C:門やメイン会場の飾りつけ、演出を行う。 A:必要な予算を計算したり、当日の来場者数を予測する。 E:舞台や屋台を工具などを使って作る。 F:クラブ対抗・競技、設営・片付けなどを積極的に行う。

typeS