全天カメラマニュアル

download report

Transcript 全天カメラマニュアル

全天カメラマニュアルv4
インターバルタイマー
カメラ ニコンD90
魚眼レンズ シグマ 4.5mm F2.8 EX DC
内部に組み込んだ水道管凍結防止用ヒー
ター。0℃でon、+10℃でoff (100V 35W)
2010/10/11 市川
電源on時に、画質、画像サイズがdefaultのBAISC、Mサイズに設定される。もし時
間があれば、カメラボックスを開けて、液晶モニターを見て設定を変更すると良い。
画質 NORNAL、画像サイズはMで、約1MB/フレーム、12日分。
4本のネジを緩める。
(ネジは抜けない)
メニューボタン
画質、画像サイズを選択して変更
設置手順
全天カメラの準備
1. ダンボールから全天カメラのスチロール箱を取り出す
2. 視野を遮らない所におく。設営や観測の作業を一緒に写し込むと良い。
3. 水準器を用いてクーラーボックスをほぼ水平にする
(ただし、カメラの水平と水準器の水平は未調整)
水準器
3. 100V電源ケーブルをコンセントに差し込む。(10mの予備の電源延長
コードが用意されている)。この時、カメラの電源がonになる。
4. カメラのフードキャップを外す。キャップとフードの両方をはずす。フード
も外さないと、視野が遮られるので注意。
観測開始
1. カメラタイマーを起動する
・インターバルタイマーを中から取り出す
・100V電源を入れてもオンにならない場合は横のスイッチが押し込まれて
いるかどうか確認する。
・右一番下の「ENT」押しボタンスイッチを2度押す
スイッチ
(通常はオン)
「サツエイ セッテイ」
「インターバル バルブ」
「インターバル 00:00:30」
2. 30秒毎にシャッター音がするのを確認
後片付け
1. 電源を切るだけですべて終了する。
保守
1. 水道管凍結防止用のヒーター(35W)がカメラ
ボックス内部と外に2本入っている。サーモス
タットは0℃でon、10℃でoffとなる
70W分のヒーターがあるのでレンズが曇るこ
とはないと思われるが、もし曇ったり雪がかぶ
る場合は、アクリルドームをかぶせる
3. 撮影された画像はUSBケーブルをパソコンに
接続することで見ることができる。USBメモリと
同じ扱い。
4. カメラ、インターバルタイマのマニュアル、カメラ
コントローラソフトは同封されている
アクリルドーム
USBケーブル
その他
1. カメラはPモードに設定(自動絞り、自動露出時間)
焦点は無限遠に固定
default画質モード BASIC(1/16圧縮)、画像サイズ M 3216x2136 (約300KB)
2. jpeg画像は32GBのSDメモリに保存されている。