iet08_030 へのリンク

download report

Transcript iet08_030 へのリンク

授業で使用した(関連した)ppt
• 授業で使用した(関連した)pptは,
大学の二見のところに,アップして行く予定です.
① http://www.shonan-it.ac.jp/each_science/info/futaken/kougi.htmの
②「■ 情報教育工学(IET2008)」をクリックして,
③パスワードを入力
④必要な資料の所をクリックして下さい.
[準備]
■教育経験等に基づく教材研究や教授法研究
■授業内容に関するデータ収集
■教材・資料作成(ハンドアウト,提示,etc.)
■授業計画・指導案の立案
■授業シミュレーション
■etc.
[授業・学習中]
■声,身振り手振り
■板書,配布資料,マルチメディア
■PC,インターネット
■実物を使用(野外や実験などの観察指示
■
■講義,演習,テスト,指示
■質疑応答
■提示(解説,発問,宿題,テスト)
■実演
■指示
■学習者を観察,状態把握
■授業計画・指導案の評価・修正
■etc
■提示
[終了後]
■出欠
■授業実施後の検討
■補充資料作成
■レポートやテストの採点・評価
■etc
■質疑・応答
■学習者の状態の把握
教室(普通,実験,実習)
野外,自宅
黒板,
■聞く・見る
■ノートを取る
■考える
■実際にやる
■質問
■調べる
■
■学習者間での
やり取り
■学習者と教師
■宿題と提出
何を支援するか,その支援が可能か。
実現のために何が必要で,すべきことは何か。
[教授・授業管理活動]
[(学習様式)]
[学習活動]
[教授・学習環境]
[CAI:Computer Assisted(Aided) Instraction, CAL:Computer Assisted Learning, CMI:Computer Managed Instruction]
[e-Learning, LMS:Learning Management System, IMS:Instruction Management System]
2
1 米国・日本のCAI研究・開発
(1)年表(表)
(2)CAI技術の動向(本文)
(3)CAI技術の動向(附録)
2 分類
(1) 学習様式による分類
(2)知的度による分類
3 フレーム型CAI
4 エグゼキュータ
3
CAI機能の動向
• 個別学習様式を中心
• 低次の学習
→ 多様な学習様式のCAIへ拡大
→ 高度な学習
* 教師から → 双方向のやり取り
* 教師主導 → 学習者主体 → 相互主導
* 受け身 → 能動的な学習
* 教える → 学ぶ → 創造(?)
* 正誤判定 → 誤りの同定・治療 → 能力養成(?)
初期のCAI
• 学習者への提示情報: 固定的な教授情報
• 学習の応答に対する評価・処方情報:予め教授者が予想して
作成した固定的なもの
• 反応非感応型あるいは単純な反応型の学習
(学習の個別化,教授の最適化に乏しいもの)
4
分類の幾つか
(1) 学習様式による分類
・ 教えるシステム
・ドリル型CAI
・コース作成者制御個別指導型CAI
・ 学ぶシステム
・学習者制御個別指導型CAI
・検索/問い合わせ型CAI
・ゲーム/シミュレーション型CAI
・問題解決型CAI
・授業支援
・上記のシステムを授業の中で利用
・e-Learningシステム
(2)知的度による分類
5
学習様式による分類
①
②
③
④
⑤
⑥
個別教授様式(Tutorial)CAI
ドリル&プラクティス型CAI
ゲーム&シミュレーション型CAI
アドリブ型CAI
情報検索(IR)型CAI
質問応答型CAI(Q&A)
6
CAIシステムの知的度による分類
①
②
③
④
アドホックフレーム(AFO)型CAI
データベース型CAI
生成型CAI
知識ベース型CAI
a) 宣言的な知識の教授
b) 問題解決のモニター
c) コーチ
d) コンサルタント
⑤ 知識獲得型CAI
7
フレーム型CAI
A 教師が課題を黒板に書く。
a
画面への問題表示
B 生徒はそれを解いて解答する
b
解答のキー入力
C 正解ならば
c
応答処理
D 「よくできました。」
d
KR情報の提示
F 「この生徒は良くできる・・・」
f
評価・記録
E 次の問題はこれにしよう。
e
次の課題の決定
[一般の授業の場合]
[フレーム型CAIの場合]
8