患者情報室の動向

download report

Transcript 患者情報室の動向

患者情報室 実習
埼玉県立大学 SW 成澤俊輔
国際医療福祉大学 PT 山崎大士
大阪厚生年金病院
【診療科目】
内科、眼科、整形外科、泌尿器科、皮膚科、放
射線科、皮膚科、外科、病理科、産婦人科、
臨床検査科、神経内科、リハビリーテーション
科、循環器科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、小
児科、麻酔科、乳腺内分泌外科、歯科口腔
外科、神経精神科、スポーツ医学科、救急
施設名
大阪厚生年金病院
⇒患者情報室「ラベンダー
●医学書 310冊
(闘病記:300冊、 一般書:1500冊)
●巡回サービスがある(入院患者への貸し出し)
●PC 2台設置
●スタッフ構成 ボランテイア、事務
患者情報室 ラベンダーとは?
皆様が病気について自己学習をしたり、患者さ
まの娯楽として図書の貸し出しサービス(※入
院患者に限る)を受けることができる。皆様の
ための健康情報交換室である。
患者図書室の機能
●情報室内にある医療図書やビデオで自分の病気について調
べてみる
●医療図書やビデオ以外の情報をネット等の電子情報で調べ
る
●資料配布
⇒病気についてのパンフレット
●代行サービス
⇒情報室には、自己学習をサポートできるボランテイアスタッ
フが常駐
⇒どの資料を読む、検索の仕方
●患者会のご案内
●他情報室の案内
情報収集の一例
医療図書の分類
●知っておきたい基礎知識
●心臓、血管の病気
●骨、関節、筋肉の病気
●心の健康についての病気
●消火器の病気
●腎臓、尿路の病気
●ホルモンの病気
●がん
●感染症
●耳、鼻、のどの病気
●男性の健康上の問題
●小児の健康上の問題
●薬についての基礎知識
●肺、気道の病気
●脳、脊髄、神経の病気
●口、歯の病気
●肝臓、胆のうの病気
●栄養、代謝の障害
●血液の 容器
●免疫の病気
●皮膚の病気
●目の病気
●女性の健康上の問題
●その他
巡回サービスに限る
実施日:火曜日、土曜日
貸し出し期間:1週間、複数貸し出し可
大阪厚生年金病院ボランテイア「ライラック」
医療者と司書
●医療者
⇒医療の専門知識を持つ人
●司書
⇒情報源を知り、情報収集方法を提案する
患者情報室の歴史
97年より日本全国に開設
・インフォームドコンセント
・各種治療法の広がり
・消費者意識の台頭
・メデイアを情報を錯綜としている
(健康食品、健康法等)
⇒医療情報は医療者が持っていた
⇒患者の知識水準をあげるべき
現状
医療雑誌、闘病記を9割以上持つ施設38箇所
⇒具体的な施設として
・公共図書館
・患者図書室
・書店
・医学図書館
患者図書室を見る視点
・蔵書数
⇒医学書100~499、闘病記1~49冊
・インターネットの有無
⇒75%
・常駐スタッフの有無
⇒ボランテイアが3分の2
・相談の有無
⇒応じている48%
設立経緯・利用状況
97年開設で、03年から増加が目立つ
外来向けが4割
発案者は基本、院長等の管理者
半分が専用の予算あり(10~50万程度)
一日あたり 10~30人程度
⇒予想以上でニーズ高まる
問題点
広報不足
患者さんが学ぶ文化がない
常駐スタッフがいない
⇒ボランテイアの質の向上、研修
・資料の充実
・新刊図書の発掘システム、選定基準