薄板製造工程

download report

Transcript 薄板製造工程

目次
タイトル
スライドNo
1.薄板製品の製造工程概要
3
2.高炉(溶鉱炉)
4
3.転炉
5
4・連続鋳造
6
5.連続熱間圧延
7
6.連続酸洗ライン
8
7.連続冷間圧延
9
8.連続焼鈍ライン
10
9.スキンパス(調質圧延)、リコイリング(精整)
11
10.溶融亜鉛メッキライン
12
11.電気亜鉛メッキライン
13
12.メッキラインのレイアウト
14
13.塗装鋼板ライン
15
NS Fellows Corporation
1
薄板製品の製造工程概要
現在このプロセスはない
酸洗コイル
溶融めっき
冷延コイル
(フルハード)
電気めっき
冷延コイル
NS Fellows Corporation
2
高炉(溶鉱炉)
・鉄鉱石とコークスを入れ高温《1300
~1400℃)で溶かし、銑鉄を造る。
・銑鉄には、炭素、珪素、燐、硫黄等の
不純物が多く含まれるので硬くて脆く、
鋳物に使われる。
鉄鉱石、石炭共にほぼ全量海外からの輸入に頼っている。
主な供給先としては、オーストラリア、ブラジル、アメリカ、カナダなど。
NS Fellows Corporation
3
転
炉
・銑鉄に1600℃以上の高温で酸素を吹き
込み、不純物を燃やして除去し、粘りのあ
る強靭な鋼にする。
・化学成分を決められた範囲に入れること
により、特定の顧客、用途を狙った品種、
規格に造り込む。
・(品質管理、納期管理はここからスタート
する。)
NS Fellows Corporation
4
連 続 鋳 造
・転炉で溶けた鋼を直接連続的に鋳型に流しながら冷やして固め、巨大な
かまぼこ板の様な形に固める。(これをスラブと言う。)
・だいたいの板幅、コイル単重が決まる。
・(ヘゲ、スリバー疵は固まる途中で不純物が混入すると発生する。)
NS Fellows Corporation
5
連 続 熱 間 圧 延
・1200℃程度に加熱されたスラブを連続的にロールで薄く延ばしてゆき、コイル状
に巻き取る
・延ばす時の温度や巻き取る時の温度で、熱延鋼板の材質が決まる。
・(冷延、メッキ製品の概略板幅がほぼ決まる。)
NS Fellows Corporation
6
連 続 酸 洗 ラ イ ン
酸洗槽
水洗槽
Dryer
Loop Car
溶接機
Uncoiler
Flush Trimmer
Side Trimmer
Recoiler
Up-cut Shear
Oiler
Up-cut Shear
・塩酸又は硫酸で熱延コイルの表面酸化皮膜(スケール)を除去し、塗油する。
・酸洗コイル製品は、ここでトリム及び検査されて所定の単重に分割される。
NS Fellows Corporation
7
連 続 冷 間 圧 延
・酸洗コイルを常温で連続的にロールで更に薄く延ばしてゆき、コイルに巻き取る。
・(最終板厚が決定される。)
NS Fellows Corporation
8
連 続 焼 鈍 ラ イ ン
・冷延後のコイルは硬くて加工性が低いため、650~750℃に加熱して焼戻し、加工性の
ある鋼にする。
*CAPL(カップル):近年発達した連続処理設備で、焼鈍・スキンパス・リコイリングの機能
を1つのラインに組み込んだ設備
NS Fellows Corporation
9
スキンパス(調質圧延)、リコイリング(精整)
・軽くロールで圧下して、表面の光沢、形状及
び若干の材質の調整を行う。
リコイリングライン(RCL)
・耳切り(幅決定)、検査(表面
疵・形状)、塗油、注文重量へ
の分割等が行われ、冷延薄板
コイル製品が完成する。
NS Fellows Corporation
10
溶融亜鉛メッキライン
冷
却
スキンパスミル
化成処理槽
アンコイ
ラー
加熱炉
メッキ槽
熔けたメッキ金属
・溶融亜鉛メッキラインには加熱炉(焼鈍設備)が組み込まれており、コイルを連続的
に焼鈍した後に、溶けた亜鉛浴に浸漬して連続的に亜鉛をメッキする。
・材質、亜鉛の付着量、後処理(ノンクロメート、塗油等)等が造り込まれる。
NS Fellows Corporation
11
電気亜鉛メッキライン
コンダクターロール
洗浄槽
アンコイ
ラー
メッキ槽
電極
化成処理槽
リコイラー
-
+
整流器
メッキ金属を溶かし込んだ液体
・亜鉛を溶かした電解液の中で、鋼板と電極間で通電し、連続的に亜鉛をメッキする。
・目付量、後処理(ノンクロメート、塗油等)等が造り込まれる。
NS Fellows Corporation
12
溶融亜鉛めっきライン
電気亜鉛めっきライン
出所:JFE製品カタログ
NS Fellows Corporation
13
塗 装 鋼 板 ラ イ ン
・亜鉛メッキ鋼板に化成処理を施し、合成樹脂塗料を塗装・焼付して、亜鉛メッキ鋼板
の耐久性と意匠性を一段と高める。
NS Fellows Corporation
14