ママインターンプロジェクト事業概要

download report

Transcript ママインターンプロジェクト事業概要

ママインターンプロジェクト 女性の労働力問題の背景
子育て期の女性の労働を活用する為には、子どもの預け先や受入先の企業
の制度が整備される必要がある
出産・育児を機に退職後、再就職を
実現した女性は17.8%
預け先が見つからなかった母親の
58.6%が、再就職を諦めている。
中小企業の86.4%が短時間勤務制度
を就業規則に定めていない。
2012年7月より育児介護休業
法の改定により、中小企業の
短時間勤務制度が義務化
再就職を諦めた
退職したまま
58.6%
17.8%
資料出所:中小企業庁「平成18年度中小企業
白書」
特定非営利活動法人ArrowArrow
資料出所:ベネッセ 「2009年~2011年 首都圏
“待機児童”レポート」
短時間勤務制度無し
58.6%
資料出所:日本政策金融公庫総合研究所「企業経営と
従業員の雇用に関するアンケート」
労働政策研究・研修機構「中小・中堅規模起業の雇用
管理と両立支援に関する調査」
1
ママインターンプロジェクト 再就職までのステップ
ママインターンを通じて働くことへの自信を取り戻し、再就職までのステップを具体化
していくことで女性の選択肢を増やしていく
ステップ① 経験することで不安
を軽減
ステップ② 本格的な服飾活
動の開始
<抱えている不安>

育児に専念していた自分に仕事
ができるのだろうか…

自分でも仕事ができるという自
信が欲しい

仕事はしたいが、どの程度仕事
ができるのか、家事や育児と両
立できるのか不安…

いきなりフルタイムはハードルが
高い…まずは少しずつ働いてリ
ズムを取り戻したい…
<インターン後>

就業体験を通じて自信を取り戻
し、具体的な再就職へのプラン
を描けるようになる

就業体験を通じて自分の働くス
キルを棚卸し、職務経歴書での
PRポイントがわかる

子どもと離れて生活すること、育
児や家事と仕事のリズムを再就
職前に掴めている
専門的なスキルは無いが
社会人経験のある女性
「働く」ことへの自信を取り戻す!
<当法人の提供ポイント>

週2日~3日程度の受入先を紹介

社会課題に取り組んでいるNPO
へを紹介、自分の仕事が社会に
役だっている実感を提供

保育についても協働先のコワー
キングスペースを紹介、保育の負
担を実施
特定非営利活動法人ArrowArrow
<当法人の提供ポイント>

インターン受入先からインターン
の成果や評価ポイントについて
記載してもらい推薦状を提供

インターン就業後のカウンセリン
グにより自分のキャリアプランを
描くサポートを実施
2
ママインターンプロジェクト 女性の抱える不安とニーズ
働きたい女性×人手が足りないNPO×地元コワーキングスペースで託児
仙川を拠点に、全国各地へスキームを展開
再就職希望の女性
インターン日は
子どもを預ける
インターンとして
就業体験
キャリア相談や
受入先の紹介
受入NPO
コワーキングスペース
NPOカタリバ
cococi
保育
を委託
特定非営利活動法人ArrowArrow
インターン
を紹介
3