金利平価

download report

Transcript 金利平価

金利平価
MBA国際金融2015
1
金利裁定
• 国際金融取引は、金利裁定によって行われて
いる。
• 金利裁定(資金を低金利で借りて、その資金を
高金利に運用することによって、利鞘を稼ぐ)が、
為替相場に影響を及ぼす。
MBA国際金融2015
2
円運用とドル運用
①円運用(円金利 it %)
*
t
②ドル運用(ドル金利 i %)
現在時点で円売りドル買い(直物相場 S t )
将来時点にドル売り円買い
(カバー付き:先物相場 Ft ,t 1
カバーなし:予想将来直物相場 S te, t  1 )
MBA国際金融2015
3
円運用
現在時点
将来時点
1
1+ i t
円
ドル
MBA国際金融2015
4
カバー付きドル運用(1)
現在時点
将来時点
1
円
ドル
1
St
MBA国際金融2015
5
カバー付きドル運用(2)
現在時点
将来時点
1
円
ドル
1
1  it
St
St
MBA国際金融2015
*
6
カバー付きドル運用(3)
現在時点
将来時点
1
1  it
*
円
St
ドル
1
1  it
St
St
MBA国際金融2015
Ft , t 1
*
7
カバーなしドル運用(1)
現在時点
将来時点
1
円
ドル
1
St
MBA国際金融2015
8
カバーなしドル運用(2)
現在時点
将来時点
1
円
ドル
1
1  it
St
St
MBA国際金融2015
*
9
カバーなしドル運用(3)
現在時点
将来時点
1
1  it
*
円
St
ドル
1
1  it
St
St
MBA国際金融2015
e
S t ,t  1
*
10
金利裁定取引
• もし 1  it  (1  i )
*
t
Ft , t  1
St
• 円調達、ドル運用(+直物円売りドル買い、先
物ドル売り円買い)
MBA国際金融2015
11
期待収益率の均等化
•
•
•
•
円調達⇒円金利上昇( it↑)
*
ドル運用⇒ドル金利低下( it ↓)
直物円売りドル買い⇒直物円安ドル高( S t ↑)
先物ドル売り円買い⇒先物円高ドル安( Ft , t 1 ↓)
MBA国際金融2015
12
1  it  (1  i )
*
t
1  it
1 i
1  it
1 i
*
t
*
t

St
Ft ,t  1
St
1
Ft ,t  1
1
St
it  it
*
1 i
Ft , t  1
*
t

St
it  i 
*
t
Ft ,t  1  S t
Ft ,t  1  S t
St
MBA国際金融2015
13
カバー付き金利平価式
it  i 
*
t
Ft , t  1  S t
St
it  i  log Ft ,t  1  log S t
*
t
MBA国際金融2015
14
カバーなし金利平価式
it  i 
*
t
S
e
t ,t 1
 St
St
it  it  log S t ,t  1  log S t
*
e
MBA国際金融2015
15
国際資本移動の決定要因
①内外金利差
②予想為替相場変化率(←予想将来為替相場)
③その他の要因(金融リスクなど)
• 予想将来為替相場はどのような要因によって決まるの
か?
予想将来為替相場の決定は、現時点の為替相場の
決定をforward lookingに考える。
MBA国際金融2015
16
金利平価による為替相場決定
• forward lookingに考えると、予想将来為替相場
は、次の時点(t+1)における金利平価で決まる
と予想されるので、為替相場は次の3要素に
よって決定される。
①現在の内外金利差
②予想将来内外金利差
③遠い将来の予想為替相場
MBA国際金融2015
17
為替相場と自己実現的予想
• 予想将来為替相場が現在の為替相場を決める。
• 為替相場の自己実現的予想
【円高の予想⇒円買い投機⇒円高が実現】
• 予想:
(a)ファンダメンタルズ(物価、金利)の予想
(b) ファンダメンタルズ以外の予想
⇒バブル(例:1995年の円高)
MBA国際金融2015
18
図5:内外金利差と為替相場
MBA国際金融2015
19
カバー付き金利平価式の実証分析
log S t  log Ft , t  1  ( it  i )
*
t
log S t   0   1 log Ft , t  1   2 ( it  i )   t
*
t
 0  0,
 1  1,
 2  1
MBA国際金融2015
20
カバーなし金利平価式の実証分析(1)
lo g S t  lo g S
e
t ,t 1
 ( it  i )
*
t
合理的期待
if lo g S t  1  lo g S
e
t ,t 1
 t
lo g S t  lo g S t  1  ( it  i )   t
*
t
MBA国際金融2015
21
カバーなし金利平価式の実証分析(2)
log S t  log S t  1  ( it  it )   t
*
log S t   0   1 log S t  1   2 ( it  it )   t
*
 0  0,
 1  1,
 2  1
MBA国際金融2015
22
カバーなし金利平価式の実証分析(3)
• カバーなし金利平価式と合理的期待の結合仮
説の検定
• もしこの結合仮説が棄却されたならば、カバー
なし金利平価式か合理的期待のどちらか、ある
いは、両方が成立していないことを意味する。
• 結合仮説が棄却されても、必ずしもカバーなし
金利平価式を棄却できない。
MBA国際金融2015
23