天文学会秋季年会 発表資料(pptファイル)

download report

Transcript 天文学会秋季年会 発表資料(pptファイル)

学生と科学系教育施設の協力による
天文学普及活動の報告
○東大・理・天文 高梨 直紘
東大・理・天文 平松 正顕
要旨
天文学を大学院で専攻する学生と複数の科学系教育施設が
協力して天文学の普及事業を行った。これらの事業は、学生や
科学系教育施設のスタッフを中心とするメーリングリスト
「天文学とプラネタリウムML」上から派生した。どのような経緯で
このような活動が行われるに至ったか、そしてどのような活動が
行われたのかについて報告する。
我々の目標
1.
2.
3.
4.
様々な専門性を持った人に交流の場を提供し、
どのような協力が可能かを探り、
具体的な活動へ昇華し、
天文学普及の新たなチャンネルを開拓する。
2003年の初夏頃から活動を開始。
構成コアメンバー 高梨・平松 + 院生、学部生
(当初は学生とプラネタリウム施設の協力を想定)
一般社会と天文学のつながり。矢印の太さは情報量に対応。
横のつながりが現在は希薄である。
学生は普及活動に前向きか?
Q「 天文学の普及活動に興味はありますか? 」
昨年度若手の会夏の学校にて調査
・全体的に前向き
・実際の活動例は少ない
なぜ実際の活動例は少ない?
したくとも、そんな話が来ない
↓
なぜなら、科学館等の知り合いは身近にいない
↓
交流の場があればいける(かもしれない)
↓
交流の場(ML)を作って実験してみよう
「天文学とプラネタリウム」ML
☆ MLの役割
・ 科学館と学生へ情報提供
・ 参加メンバーの交流機会の提供
・ 新たな普及方法を企画
☆ 現在MLに参加しているメンバー(約100名)
・ 天文学の普及に興味を持つ学生
・ 天文学の普及に興味を持つ科学館関係者
☆ MLに流れる話題
・ 協力者募集情報
・ 学生の行っている活動報告
・ プラネタリウムや科学館の話題
・ 新たな企画の提案
☆ MLとしての企画
・ プラネタリウム(or科学館)見学会
☆ 参加するには
・ [email protected]へ連絡
を
プラネタリウム見学会
←川崎市青少年科学館
↓葛飾区郷土と天文の博物館
このような場を通じて
様々なアイディアが生まれる!
派生した活動例
・
・
・
・
・
・
・
・
相模原市立博物館での「子ども天文教室」(宇宙研D)
明石市立天文科学館でのミニ座談会(京大M)
明石市立天文科学館での天文進路相談会(京大M)
葛飾区郷土と天文博物館で番組にゲスト参加(東大
M)
葛飾区郷土と天文博物館で
天文相談室チューター
(東大M)
会報「テンプラネット」の作成(学芸+京大+東大)
星ナビでのミニコラム連載(東大M)
天文タイピングゲームの製作(日大B)
葛飾区郷土と天文の博物館での例
「かつしか天文教室」
対象:登録した子どもたち
すばる望遠鏡の話(職員さん)
+
実際の観測の様子の紹介(学生)
[話した内容]
・すばるで観測するには(プロポーザル制度の話)
・すばるに行くには(成田→ホノルル→ヒロ→ハレポハク)
・観測の様子とは(観測光景の紹介)
学生にとっては日常的なことでも、一般には面白い!
現在企画中のもの
・ 入間市児童センターでの講演会(今秋)
・ さいたま市宇宙劇場での講演会(来年夏)
・ 天文グッズ作成「ATP」(実行中)
天プラMLの中で実現できないものに関しては、外部へも。
・ 旅行会社と天文エコツアー(提案中)
・ 天文雑誌と組んで詩のボクシング天文版を(提案中)
・ 会社と組んでサイエンスカフェの展開(提案中)
・ 研究機関と組んで古星図アーカイブの作成(提案中)
ATP
(Astronomical Toilet Paper)
・ もっと身近な天文広報媒体を
・ 天文学ちっくな図柄のトイレットペーパー → 科学館等へ配
付
・ メシエ天体、星の一生、天文学ニュースなどなど?
天プラの今後の展望
学生の参加しやすい仕組みを作る
(参加者募集情報の流れるMLと企画ML)
↓
幅広く学生に参加を呼びかける
(理系に限らず、教育系、芸術系などにも)
↓
様々な企画を提案、実現
楽しい天文ライフを
天プラへのアクセス
http://www.ioa.s.u-tokyo.ac.jp/~takanashi/tenpla/
mailto: [email protected]