卒業論文・修士論文の 書き方

download report

Transcript 卒業論文・修士論文の 書き方

2006年度版
発表の技術
2006年12月12日
情報学科・CS専攻
後藤滋樹研究室
1
卒論・修論の審査
• 口頭発表:配布資料(*)とスライド(☆)
• 配布資料は論文の要約として作成
• スライドは論文の図を抜き出す
↑文章は少しだけ
(*)配布資料は年度ごとに少し規定が変化する。
おおむね2ページくらい。
2
スライド(48)
• 大きな字でないと読めない(36)
このフォントは何ポイントか? (10)
このフォントは何ポイントか?(12)
• 昔はスライド一枚に6~7行と言われた
いずれにしても文章を書くのはダメ
新聞の見出しのように書く
• プロジェクタの場合(修士)は解像度に
も注意する
• 色を使う場合には実際に投影してみる
こと(特に黄色、オレンジが弱い)
3
スライドに番号を入れる
• スライドの番号を必ず入れる
理由:後から質問を受ける際に該当箇所が明
確に分る
良い質問が出ても、該当するスライドが即時
に見つからないと応答がスムーズでなくなる
理由(その二):注意深く作成した資料である
という好印象を与える
もう少し大きい
サイズでも良い
4
括弧に注意すべき
• 全角の日本語文字の括弧()
空白(スペース)が含まれていると考える
• 半角の英語文字の括弧()
空白 (space) を自分で挿入する必要がある
• 空白を入れないと詰め込み過ぎる
IP(Internet Protocol)
IP (Internet Protocol)
5
論文とスライドに共通の注意事項
1. 一部の国語辞書では「全て」という表記を認め
ているのですが、語源からみて間違いです。漢
字で書く場合は、統べて、凡て、と書くべきです。
ふつうは、ひらかなで書くのが良いでしょう。
2. 図のサイズを決める時には、図中に文字が書
いてある場合が多いですから、その図中の文
字と本文の文字が同じくらいの大きさ(ピッタリ
同じでなくて も良い)になるようにしましょう。
6
OHPの実写が必要な理由
• 実際に投影してみる
• 友達に見てもらう、聴いてもらう
想定質問を出し合う
• スライドの置き場所を練習する
質問に備えて、整理をしておく
7
カラープリンタ
• OHPフィルムはジャムの原因になりやすい
• レーザ用のフィルムは表面に油が塗ってある
EPSONのマニュアルには「手袋」と記載
• インクジェット用のフィルムはゼラチンのような
材料が塗布してある
• いずれにしても、紙よりも注意が必要
白黒用のフィルムの方が透明度が高い
白黒で済む場合はカラープリンタを使わない
8
• 消耗品が無くなった時は即刻membersに連絡
発表の姿勢
• 球技では体がボールに向かう
スキーでは肩が谷の方を向く
• アイコンタクト(相手を見る)
• ある程度は内容を覚えないとダメ
(原稿を見ながら話をすると相手を見ない)
ただし練習をすると早口になる傾向がある
• 1枚のスライドには1分から2分かかる
9
話の順番
• 一刻も早く本論に入るべき
• 分野の概要は必要な範囲に留める
• 制限時間(卒論の発表時間は短い)を守る
ためには、条件ジャンプも必要
• 質問に備えて、予備のスライド(図表)を作る
のは良い考え(特に複雑な図)
枚数(時間)調整で余るスライドを活用
10
姿勢(2)
• 指示棒をいたずらしない
• レーザポインタを観客に向けない
• メモを手に持つのはOK
• (マイクに雑音を入れない)
11
質疑応答
• 短い質問には、短く答える
• 質問者に確認する方が良いこともある
• 自信を持って答える
• 沈黙すると負け
多くの場合に、想定質問は当たらない
12