リース取引について

download report

Transcript リース取引について

07F1023
井形 辰史
 就職活動をしていくなかで、金融のジャン
ルに分類されている『リース』という言葉
を見かけて、聞いたことはあるがいったい
どういった事をしているのか気になり、基
本的な事から調べようと思い調べることに
しました。
 リースとは?
 リースの種類
 リースの仕組み
 メリット、デメリット
 リースの現状
 将来の展望と課題
 まとめ
 参考文献
リースは、賃貸借という意味ですが一般的
には『賃貸借を中核としサービスやファイ
ナンスなどの要素を含んだ複合取引』とさ
れています。要するに借りる側は物件を借
りる使用料を支払い、貸す側はそれを受取
るということです。ただ実際に行われてい
るリース取引は単純な物件の貸し借りだけ
でなく、サービス的、ファイナンス的な要
素を含んでいます。
 リースの発祥の地
~1952年アメリカでリース会社USリーシ
ング社が設立。
 日本における最初のリース会社
~1963年山梨県のクリーニング会社との
間で契約が行われた。
 日本の市場規模
~リース取扱高約7兆6000億円(平成18)
 リースは基本的に2つに分類することができます。
 ファイナンス・リース
 オペレーティング・リース
 その他の分類
(メンテナンス、ソフトウエア、官公庁etc)
≪特徴≫
①リース期間の中途で解約が禁止されてい
る。(中途解約禁止)
②物件価額と付随費用がリース料でおおむ
ね全額回収(90%以上)されること(全額回
収)
⇒わが国におけるリース取引は大半がファ
イナンス・リースで行われている。
≪特徴≫
①オペレーティング・リースは、ファイナンス・リース以
外のリース取引です。
つまり「中途解約禁止」、「全額回収」の両方、または
いずれかを満たさない取引ということです。
②全額回収しない…リース料総額が安くなり、ユーザーに
とっては魅力的!!
③リース会社は全額回収できない部分(残存価額)を中古市
場などで回収しなくてはならない。
~中古市場では回収のリスクが生じます。
⇒よって、オペレーティング・リースは中古市場が整備
されている自動車、船舶、航空機などを対象として行わ
れる。
物件価額100+付随費用20=リース料120
リース料120
リース料108
リース料72
100%回収
90%回収
60%回収
ファイナンス
リース
ファイナンス
リース
オペレーティン
グリース
≪リース取引の当事者≫
 ユーザー
リースの顧客、すなわちリース物件を使用
する者のことです。
 サプライヤー
物件を供給する者、すなわちリース物件の
メーカーまたは販売会社の事です。
 リース会社
ユーザーにリース物件をリースする者の事
です。
①
②
サプライヤー
③
④
⑤
⑥
⑦
リース会社
ユーザー
⑧
⑨
⑩
物件の特定
リースの申込み
審査
リース契約の締結
売買契約の締結
搬入
検収
売買代金の支払い
物件の保守、修繕
リース料の支払い
 取得価額…リース会社がサプライヤーから、
ユーザーの希望する物件を購入するときの代
金
 付随費用
資金調達コスト…物件購入のための資金調達
固定資産税…物件に課される税
動作総合保険料…リース物件対する損害保険
手数料…リース会社の人件費、管理費、利益
(取得価額+付随費用)
 月額リース料=
リース期間(月数)
 ここで取り上げる内容は、リース事業協会
が実際にリース取引を利用している企業
10000社を対象に定期的に行っている調査
(リース需要動向調査)で、上位にあげられ
たメリット、デメリットを紹介します。

企業が物件を所有した場合は固定資産の管理を行います。
(減価償却計算、固定資産の申告、納付の義務)また金融
機関からの借入金で物件を購入すると借入金の管理も必
要になります。

一方リースを利用すると、ユーザーが行う事務処理は毎
月の支払義務だけで、事務管理の省力化を図ることがで
きます。特に自動車のように事務の手間が多い物件や、
パソコンのように少額な大量物件を導入する場合に有効
だと言えます。
リース料は均等かつ定額で毎月
支払うので、コスト把握が容易
リース料
リース料
リース料
毎月のリース料が一定
 企業が自己資金で設備を購入する場合、資金が
一時的に流出するため、初期投資負担が重くな
ります。
これに対して、リースの場合はリース料を期間
中に定額で払うため、多額の資金が一時的に流
出しないので負担を軽減させることができます。
これにより多店舗展開を図る企業では、同時に
複数の出店が可能となります。
①長期にわたって使用する。
②購入資金にゆとりがある。
③基幹設備のため自己所有の方が良い。
 リース取引では、物件の売買代金はリース会社
からサプライヤーに対して一括して支払われま
す。そのためサプライヤーの立場のメーカーは
製品の製造コストを迅速に回収することができ、
ディーラーは製品の仕入れ代金の支払いに充て
ることができます。またサプライヤーの立場の
会社が自ら販売する場合、取引上の立場が弱い
と、売買代金分割払いなど、顧客から不利な条
件を受け入れざるを得ないこともあります。
 リース取引には様々なメリットがありますが、
これらをユーザーとの商談のなかに採り入れる
ことにより、有効な販売促進手段になります。
特に『初期投資負担が軽減』される点は、サプ
ライヤーにとってはユーザーに対して高額な機
器の導入を勧める際の大きなセールスポイント
になります。
 製品を販売したときに、その売買代金を回収で
きなければ多額の損失が発生します。特に顧客
が倒産した場合は、売買代金の回収が極めて困
難になる事が予想されます。このようなリスク
を信用リスクといいますが、リース取引を活用
すれば、リース会社がこのリスクを負うのでサ
プライヤーはこれを回避することができます。

リースの現状
リース取扱高
7兆6431億円(平成18年)
リース取扱高
6兆4026億円(平成20年)
 アメリカのリース市場がもっとも大きく、
市場規模で2130億ドル(換算すると約21兆
円)です。日本は世界で2番目のリース大国
(674億ドル)となり、次いでドイ(516億ド
ル)、フランス(284億ドル)、イタリア(275
億ドル)の順になります。
 また近年では経済成長の著しいBRICSと呼
ばれる新興工業国のリース市場も急成長し
ています。

2010年には民間設備投資に占めるリース比率が12%程度
になると予想されています。それに伴い3つの課題が考
えられます。
①付加価値を高めたリース取引
~ニーズの多様化、新規需要の開拓⇒付加価値の高いリースの導入。
②資金調達力の強化
~リース物件を購入するために多額の資金調達が不可欠。金融技術
の進歩もあり多様な方法を模索する必要です。
③リスク負担機能の充実
~リース会社は資産を所有するリスク、信用を供与するリスクを負
担しているのでこれらに対する機能の充実が必要です。
 今回自分が調べた範囲はリース取引の本当
に基本の部分でしたが、個人では接する機
会の少ないリースに触れることができまし
た。もし興味をもった人がいたら、より
いっそう深く調べてみてください。
 リース取引の基本と仕組みがよ~くわかる本
秀和システム 加藤健治 著(平成20年)
 社会法人リース事業協会HP