エンドユーザコンピューティング授業スライド

download report

Transcript エンドユーザコンピューティング授業スライド

情報システム基礎
(7)エンドユーザコンピューティング
(section3-06~4)
第10週 平成18年12月11日
1.LANの種類を伝送路の形状(トポロジ)で分類したものはどれか。
教科書:P215~
ツイストペア、同軸、光ファイバ
ア 伝送媒体(ケーブル)で分類したものである。(P213~)
10BASE5、10BASE2、10BASE‐T
イ イーサネット型LANの伝送媒体の規格で分類したものである。(P222)
ウ バス、スター、リング
エ トークンパッシング、CSMA/CD
アクセス制御方式で分類したものである。(P217~)
トポロジ:通信回線とコンピュータとの接続形態.
正解:ウ
1.LANの種類を伝送路の形状(トポロジ)で分類したものはどれか。
教科書:P215~
ウ バス、スター、リング
トポロジ:通信回線とコンピュータとの接続形態.
ハブ
ターミネータ
2.トークンリング型LANの特徴として、正しいものはどれか。
教科書:P217~
ア 光ファイバケーブルを媒体として、100Mbpsの速度でデータを伝送する。
FDDI (Fiber Distributed Data Interface)に関する記述である。
イ 「トークン」と呼ばれる送信権を獲得してから、データを送信する。
ウ リングの中心にHUBを設置する必要がある。
イーサネット(Ethernet)に関する記述である。
エ LANの規模が大きくなると、信号の衝突によって、伝送効率が低下することが
CSMA/CD方式のアクセス制御に関する記述である。
ある。
トークンリング:アクセス制御にトークンパッシングを用いる
正解:イ
2.トークンリング型LANの特徴として、正しいものはどれか。
トークンリング
教科書:P217~
FDDI (Fiber Distributed Data Interface)
CSMA/CD
イーサネット(Ethernet)
アクセス制御方式
LANの通信方式
トークンパッシング
トークンリング
FDDI
CSMA/CD
イーサネット
3.LAN間接続器に関する記述のうち、正しいものはどれか。
教科書:P224~
リピータは、パケットのフィルタリングを行う機器である。
ア ブリッジに関する記述である。
イ ゲートウェイを設定することで、異なるプロトコル体系のLANを接続することが
できる。
ウ ルータは、信号の増幅及び再生の機能だけを持ち、ケーブルを延長する際に
リピータに関する記述である。
使用される。
エ ルータに関する記述である。
ブリッジは、データの宛先を識別して、経路を選択する機能を持つ。
正解:イ
3.LAN間接続器に関する記述のうち、正しいものはどれか。
教科書:P224~
第7層 アプリケーション層
ゲートウェイ
第6層 プレゼンテーション層
第5層 セッション層
第4層 トランスポート層
第3層 ネットワーク層
第2層 データリンク層
第1層 物理層
ルータ
ブリッジ・スイッチングハブ
リピータ・リピータハブ
3.LAN間接続器に関する記述のうち、正しいものはどれか。
教科書:P228
スター型LAN
4.パソコンLANに関する記述のうち、最も適切なものはどれか。
教科書:P231~
ネットワーク上で、サービスを提供する側のコンピュータをクライアント、サー
ア ネットワーク上で、サービスを提供する側のコンピュータをサーバ、サービス
ビスを依頼する側のコンピュータをサーバと呼ぶ。
を依頼する側のコンピュータをクライアントと呼ぶ。
イ ネットワークにログインすると、ファイルサーバに格納されているすべてのファ
ファイルサーバのファイルにはアクセス権が設定されており、アクセス権の
範囲外にアクセスすることはできない。
イルのアクセスが可能となる。
ウ プリンタサーバは、クライアントからの印刷データを、キューと呼ばれる待ち行
列に追加し、順に出力する。
エ クライアントは、常にファイルサーバの補助記憶装置にファイルを保存すること
クライアントは、ユーザで共有するファイルなどをファイルサーバに保存する。
になり、ローカルの補助記憶装置に使用できない。
しかし、常にファイルサーバに保存するという制約はない。
必要に応じて
ローカルの補助記憶装置(クライアントに直接接続されている補助記憶装置)
に保存できる。
正解:ウ
5.クライアントサーバシステムに関する記述のうち、正しいものはどれか。
教科書:P232~
ハードウェアやソフトウェアは、一つのメーカから提供されるため、運用・保守
ア オープンシステム化が容易である。そのため、構成するハードウェアやソフト
が比較的、容易である。
ウェアは複雑化し、運用・保守の作業量は大きくなりやすい。
イ データベース処理では、サーバ側でユーザ画面処理などを、クライアント側でデ
データベース処理では、クライアント側でユーザ画面処理や印刷処理などを、
ータベースの更新処理などを受け持つ。
サーバ側でデータベースの検索や更新処理などを受け持つ。
ウ 分散処理システムの一形態である。
集中処理システムの一形態である。
エ 1台のマシンで複数のサーバを実現することは可能である。
「サーバ」・「クライアント」=「サーバプログラム」・「クライアントプログラム」
「サーバ」・「クライアント」:実行されているプログラムを指すものである。
オープンシステム:メーカや機種が異なるコンピュータを混在させても、
一定の互換性を維持できるシステム.
正解:ェ
6.イーサネット型LANに関する記述のうち、正しいものはどれか。
教科書:P215~
ア ノード数が増え、応答時間が遅くなっている場合は、普通のハブ(リピータハブ)
ではなく、スイッチングハブに置き換えることで、改善が期待できる。
10BASE-Tでカスケード接続できるハブの数は、最大4台である。(P225)
イ 10BASE-Tでカスケード接続できるハブの数は、最大10台である。
ウ トークンパッシング方式でアクセス制御が行われるため、データの衝突は発生
イーサネット型LANのアクセス制御:CSMA/CD
しない。
トークンリング型LAN・FDDIのアクセス制御:トークンパッシング
エ 10BASE-5を基幹ケーブルに、10BASE-Tを支援ケーブルに利用するなど、
10BASE-Tと10BASE-5は、網トポロジが異なるので、同一ネットワーク
同一ネットワーク上に両者を混在させることはできる。
上に混在させることはできない。
カスケード接続:ハブにハブを接続すること.
正解:ア
7.インターネットに関する記述のうち、正しいものはどれか。
教科書:P233~
インターネットの起源は、1969年に米国防総省のARPAが構築したNSFnet
ア ARPANET:軍事研究用ネットワーク.1969年に米国防総省のARPAが構築
である。
NSFnet:学術研究用ネットワーク.NSF(全米科学財団)が構築.
イ インターネットは、サービスを提供するホストコンピュータが1台だけ設置され、
パソコン通信に関する記述である。
集中管理される集中型のネットワークである。
インターネットは分散型のネットワーク、クライアントサーバシステムの形態。
ウ 一般ユーザがプロバイダを介してインターネットに接続する方法として、専用線
接続とダイヤルアップ接続とがある。
エ UUCP接続はインターネットのすべてのサービスが受けられる接続方法であり、
IP接続は電子メールとNetNewsのサービスしか受けられない接続方法である。
UUCP(Unix-to-Unix CoPy)接続:電子メールとNetNewsのサービスしか
受けられない接続方法.
IP接続:インターネットのすべてのサービスが受けられる接続方法.
正解:ウ
8.米国のARPANETで採用され、UNIXでの実績をもとに、インターネットの標準プロ
トコルとして使用されているものはどれか。
教科書:P233~
ア OSI
イ TCP/IP
ウ WWW
エ URL
ARPANET:Advanced Research Project Agency NETwork
OSI:Open
Systems Interconnection(P228)
ARPANET:Advanced
Research Project Agency NETwork
TCP/IP:Transmission control Protocol/Internet Protocol(P234)
WWW:World
Web(P242)
OSI:Open Wide
Systems
Interconnection(P228)
URL:Uniform Resource Locator(P243)
TCP/IP:Transmission control Protocol/Internet Protocol(P234)
ア OSI:ISO(国際標準化機構)が定めた通信プロトコルの標準化を図るための規格.
WWW:World Wide Web(P242)
ウ WWW:広域情報検索システムを利用し、文字・静止画・動画・音声などの
URL:Uniform Resource Locator(P243)
マルチメディア情報を提供するサービス.
エ URL:インターネット上の情報資源にアクセスするための方法.
正解:イ
9.インターネットで使われるアドレスに関する記述のうち、正しいものはどれか。
教科書:P234~
ア 電子メールアドレスは、ドメイン名の左側に区切り記号を置き、ユーザ名を指定
することで表現する。
イ 16ビットで表現されるIPアドレスを指定することで、インターネットに接続された
IPアドレスは、32ビット(4バイト)で表現される。
コンピュータを特定することができる。
ウ 末尾にjpがつくドメイン名の割当てや管理は、JPNICが行っている。
末尾にjpがつくドメイン名の割当てや管理は、企業自身で行う。
JPNIC:Japan Network Information Center
IPアドレスは、ネットワークを識別するホストアドレスと、そのネットワークに
エ IPアドレスは、ネットワークを識別するネットワークアドレスと、そのネットワーク
接続されているコンピュータを識別するネットワークアドレスから構成される。
に接続されているコンピュータを識別するホストアドレスから構成される。
正解:ア
10.TCP/IPを用いたネットワークにおいて、メール転送のためのプロトコルはどれか。
教科書:P244~
ア SMTP
イ FTP
ウ TELNET
エ NNTP
イ FTP:TCP/IPのネットワークで、ファイルを転送するためのプロトコル.
ウ TELNET:遠隔ログイン・遠隔操作するためのプロトコル.
エ NNTP:ネットワークニュースを転送するためのプロトコル.
正解:ア
11.インターネットで使用されるプロトコルに関する記述のうち、正しいものはどれか。
教科書:P244~
HTTPは、ドメイン名をIPアドレスに変換するためのプロトコルである。
ア ドメイン名をIPアドレスに変換するためのプロトコルは、DNSである。HTTPは
WWWサーバに格納されているHTMLファイルを転送するためのプロトコル。
イ インターネットの電子メールで、バイナリファイルを扱うために、MIME準
インターネットの電子メールで扱えるのは基本的にはテキストファイルのみ。
拠のメーラを利用すればよい。
送信・受信の両者がMIME準拠のメーラであればバイナリファイルも可能。
ウ メールサーバからメールを取得するためのプロトコルは、POPである。
SMTPは、メールサーバからメールを取得するためのプロトコルである。
SMTPは、メールをメールサーバに転送するためのプロトコル。
電話回線などでTCP/IP接続を行うためには、UDPを利用する。
エ 電話回線などでTCP/IP接続を行うためには、PPPを利用する。具体的には、
ダイヤルアップIP接続で、クライアントとプロバイダを接続する時などに利用。
UDPは、TCPと同様にコンピュータ上の通信ソフトを特定するためのプロトコル
であるが、TCPに比べ信頼性が低い。
正解:イ
12.特定企業間での情報交換や情報共有をねらって、企業のイントラネット同士をインタ
-ネットで接続したネットワークのことをなんと呼ぶか。
教科書:P246~
ア エクストラネット
イ SOHO
ウ モバイルコンピューティング
エ CALS
イ SOHO(Small Office/Home Office):小規模オフィスや自宅兼用オフィスのこと。
ウ モバイルコンピューティング:移動中や移動先でノート型パソコンなどを
利用すること。
エ CALS:生産・調達・運用支援総合情報システムのこと。
設計図、マニュアル、在庫情報、取引情報など、あらゆる情報を
電子化し、企業間などで情報交換・情報共有を行うことで、
生産効率の向上や国際競争力の強化を狙うシステム。
(Continuous Acquisition and Lifecycle Support/Commerce at Light Speed)
正解:ア
13.パソコン通信から、インターネットや商用データベースに接続する時に利用するサー
ビスはどれか。
教科書:P227~
ア 電子メール
イ フォーラム
ウ ゲートウェイサービス
エ BBS
ア 電子媒体を使った手紙であり、パソコン通信のサービスである。
イ パソコン通信のネットワーク上に設定された、共通の興味をもつ者が集まる所
であり、パソコン通信のサービスである。
エ 参加者が読み書きできる電子的な掲示板サービスのことであり、パソコン通信
のサービスである。インターネット上にWebサイトの形態で提供されている。
インターネット普及以前は、パソコン通信サービス全体のことを指す用語として
用いられることもあった 。
(Bulletin Board System)
正解:ウ
14.ECにおけるB to Cに該当するものはどれか。
教科書:P247~
ア CALS
イ Web-EDI
ウ バーチャルカンパニー
エ バーチャルモール
EC:企業間の取引だけでなく、一般社会の取引を
主にインターネットを利用して電子化して行うシステムのこと。
B to C(Business to Consumer):企業と一般消費者間の取引
ア 企業間においてネットワークを利用して情報交換したり、データベースシステム
を利用して情報共有したりするシステムである。
イ 企業間においてネットワークを利用して、電子化した企業間の取引情報を交換
するシステムである。
ウ 関連する企業などが1つの会社のように連携して活動する組織である。
正解:エ