Transcript TDOA

一休み
情報工学専攻
中村 遼
目次
 今後の課題
 現在考えている内容
 明日のゼミでの内容
今後の課題
 前提条件
 アクセスポイントの設置間隔 ★
 仮設置を行い、到達距離を測るのが最善
 通信速度や負荷分散にも注意が必要
(速度は11gで36Mbps以上だと許容範囲とのこと)
 パルチパス等によるフェージングの影響
 ある閾値を設けて、それ以下の電波を遮断する
 フェージング自体も特徴付けることはできないか
 論文等により模索中
 モデルの評価
 ITU-R P.1238 を今後も使用することを考えている
 フェージングの影響を他のモデルと比較することで評価を行う
 ハードウェアの内部設計
 APが取得するパケット量
 プローブ要求、オーセンティケーション要求、アソシエーション要求の
どれを取得し、どれを破棄するか
 認証方式
 WEPやMACアドレスフィルタリングに対応した通信手順の考案
 結果論
 求められる位置推定精度
 どの確率でどの程度の精度を保てば実現できそうか
(80%の確率で5mの範囲内に発見)
 アクセスポイントの配置間隔を元に決定する
 他にもローミングやAP停止について
現在考えている内容
 3点で電波強度を取得できる常時起動AP,及び通信速度を
なるべく下げることのない臨時起動APの配置をシミュレー
ションを元に仮設定する.(配置間隔を決める)
 電波強度のシミュレーションでは,端末ごとに距離推定可能
な電波強度から端末AP間の最大距離を求める.
※距離推定可能な電波強度=フェージングによって減衰した
電波を除いた電波の強度
⇒ チップセットによる差異やフェージングの影響を受けた電波
が分かるのではないか!?
(WDS(Wireless Distribution System)についても勉強)
メッシュネットワーク、アドホック
明日のゼミでの内容
 無線LAN接続手順
 APが端末の位置を推定し、付近のAPを起動するところまでは確認
ができた
 その起動したAPと端末を接続させる方法について議論
 実験での反省点